鈴木  厚行

Atsuyuki  Suzuki
学科

機械電気工学科

職名

准教授

学位

博士(工学)

校務

機械電気工学科5年担任

クラブ顧問

ソフトテニス部

専門分野

超音波工学

研究テーマ

強力超音波の応用に関する研究
 ・超音波振動を用いた衝撃軽減装置
 ・超音波加工機
 ・超音波溶接機
 ・超音波モータ
など

リサーチマップURL

https://researchmap.jp/a-suzuki

教育ポリシー
教育活動の考え方

よく考え 心豊かに たくましく

授業への取り組み

学生の成長を第一に考えた授業を目指します。

研究ポリシー

今までできなかったことを可能にする技術の開発を目指します。


授業科目
  • 技術発達史論(1年)
  • 創造製作I(2年)
  • 創造演習II(3年)
  • 工学実験I(3年)
  • 電子回路II(4年)
  • 工学実験II(4年)
  • 電気音響工学(専攻科1年)
  • 機械制御工学専攻総合実験(専攻科1年)
学歴
平成12年 3月 神奈川大学工学部電気工学科 卒業
平成14年 3月 神奈川大学大学院工学研究科博士前期課程修了 修士(工学)
平成17年 3月 神奈川大学大学院工学研究科博士後期課程修了 博士(工学)
平成17年 3月 博士(工学)神奈川大学
職歴
平成17年 4月 ヒーハイスト精工株式会社 超音波プロジェクトチーム(平成18年8月まで)
平成18年 9月 徳山工業高等専門学校機械電気工学科 助手  (平成19年3月まで)
平成19年 4月 徳山工業高等専門学校機械電気工学科 助教  (平成24年3月まで)
平成25年 4月 徳山工業高等専門学校機械電気工学科 准教授 (平成28年3月まで)
平成28年 4月 長岡技術科学大学 機械創造工学専攻 准教授 (平成29年3月まで)
平成29年 4月 徳山工業高等専門学校機械電気工学科 准教授 (現在に至る)
学会及び社会活動
平成11年 8月 日本音響学会会員(現在に至る)
平成20年 3月 IEEE Ultrasonics,Ferroelectrics, and Frequency Contral Society(現在に至る)
平成21年12月 電子情報通信学会会員(現在に至る)
教育上の能力に関する事項
教育方法の実践例
該当なし
 
作成した教科書・教材
平成19年度~30年度 電子回路Ⅱ 平成30年7月

代表的なアナログ集積回路であるオペアンプ(演算増幅器)を中心とした電子回路についてのプリントである。オペアンプの基礎回路(反転増幅器・非反転増幅器等)および応用回路(差動増幅器・フィルタ・リミッタ回路等)についてまとめた。演習問題も複数載せた。プリントの他、オペアンプ内部の見本も用意した。

平成21年度~30年度 技術発達史論 平成30年7月

古代から現代に至るまでの様々な技術の発達史についてまとめたプリントである。主な内容は以下の通りである。各種技術がどのように生まれ、発達してきたかを把握させることや、創造力を鍛えるための小論文問題も複数載せた。 (1)人類と技術、工作技術の発達史 (2)動力の発達史 (3)輸送技術の発達史 (4)電気・情報技術の発達史

平成23年度~30年度 創造演習Ⅱ 平成30年7月

以下の内容のプリントを作成した。 (1)アイディア出しのヒント等 (2)プレゼンテーション (3)従来技術の調査方法 (4)企画書 (5)発想法

平成28年度 機械の数学力学Ⅱ 平成28年10月

以下の内容についてまとめた。 ・剛体の並進運動と固定軸まわりの回転運動 ・仕事とエネルギー(質点の運動)

平成28年度 生産工学 平成28年10月

以下の内容についてまとめた。 ・剛体の並進運動と固定軸まわりの回転運動 ・仕事とエネルギー(質点の運動)

平成28年度 技術者倫理  技術者倫理と企業倫理について 平成28年6月

・コンプライアンス・CSR・CSVについての資料 ・倫理的意思決定法(セブンステップガイド)についての資料

平成22年度~26年度 機械制御工学総合実験(ヘリコプタ概論Ⅱ) 平成26年12月

さまざまな技術が組み込まれたメカトロ製品であるヘリコプタに関する実験を始める前の概要説明用にヘリコプタの歴史・用途・分類・システム構成・飛行原理等についてまとめたプリントを作成した。

平成19年度 コンピュータ基礎 平成20年4月

コンピュータに関する基礎的な内容をまとめたプリントを作成した。主な内容は以下の通りである。 (1)コンピュータの歴史 (2)進数の変換 (3)文字コード (4)画像のA-D変換 (5)コンピュータの構成 (6)ネットワーク (7)暗号化

学校の評価
 
実務経験 特記事項
該当なし
 
その他
該当なし
 
職務上の能力に関する事項
資格・免許
該当なし
 
特許等
衝撃軽減装置 出願番号:特願2011-059867 平成23年2月28日 出願

自動車や航空機など乗り物に関する衝突・墜落事故は後を絶たない。自動車などはクラッシャブルゾーン(フロント構造またはリア構造)が潰れることで衝撃を吸収するが,衝撃が大きい場合は,十分に衝撃を吸収できない。本発明は,衝撃を受けた瞬間にクラッシャブルゾーンを構成する金属に強力超音波を印加することで,金属の変形抵抗を低下させ,衝撃を吸収する。つまり,通常は硬く丈夫な構造体を保つが,衝撃を吸収すべきときにのみその変形抵抗を低下させる。また,超音波の印加により,変形時の破断も低減できるため,次段への衝撃をより低減できる可能性もある。 (特許第5757616号)

複合振動子およびそれを用いた自在曲面装置 出願番号:特願2011-040332 平成23年2月25日 出願

2本の振動子をお互いに所定角度を有して結合したレ型配置の複合振動子である。レ型配置にすることにより縦振動子と接触部との距離を短くすることができ,縦振動のまま駆動できる。さらに,接触面積を大きくすることができ,高出力化が期待できる。また,本発明の複合振動子を用いた自在曲面装置を考案した。本発明の複合振動子を用いた超音波モータをマトリクス状に配置し,それぞれの超音波モータを上下に駆動させて自在曲面を形成する。

複合振動子 出願番号:特願2008-053430 平成20年3月4日 出願

複数の振動子をスクリュ型に配置することによって複合振動を得る構造であり,高出力・高剛性・長寿命な複合振動子を提供する。高出力なボルト締めランジュバン型振動子を利用でき,疲労破壊しにくいことを特長とする。またコニカルホーン等の側面に振動放射面を設けることにより振動エネルギーの損失を抑えることができる。 本発明の複合振動子は超音波モータ・超音波加工機・超音波溶接機・超音波攪拌機等,強力超音波の応用分野で広く利用可能である。 (発明者:鈴木厚行, 辻野次郎丸) (特許第5362235号)

実務経験 特記事項
各種超音波加工機の開発 平成17年4月~ 平成18年8月

超音波プロジェクトチームに所属し、超音波研削装置,超音波切削装置,超音波ラップ装置等の開発に携わった。装置の設計・振動特性や加工特性等の測定および分析等を行った。

知財管理 平成17年4月~ 平成18年8月

企業内の知財管理・弁理士事務所との窓口を担当した。

その他
該当なし
 
著作、学術論文等
学術論文
Impact-reduction effect of ultrasonic vibrations on carbon fiber-reinforced polymer plate using a downsized transducer (査読付) IEEE 2017 IEEE INTERNATIONAL ULTRASONICS SYMPOSIUM (IUS) 2017 IEEE INTERNATIONAL ULTRASONICS SYMPOSIUM (IUS) 1948-5719 2017年

The number of deaths caused by traffic accidents remains high, in spite of the development of many kinds of safety technologies. It is difficult to absorb the impact energy sufficiently in many cases. We suggested that the impact energy can be further absorbed by adjusting the deformation resistance of the material of the structure instantaneously. Furthermore, we developed an impact-reduction setup by using ultrasonic vibrations. It was already determined in previous studies that the deformation resistance of materials and impact force decrease by applying ultrasonic vibrations. Reducing the weight of vehicles is very significant to improve fuel efficiency. Therefore, we have reported on the deformation and impact-reduction characteristics when a downsized transducer is used. The tested material was high-tensile steel. Carbon fiber-reinforced polymer plate (CFRP plate) is receiving significant attention for the reduction of the weight of vehicles along with high-tensile steel. It is important to confirm the effect of ultrasonic vibrations on the CFRP plate using a downsized ultrasonic transducer. In this study, we used a downsized ultrasonic transducer and measured the vibration, deformation, and impact-reduction characteristics. The CFRP plate can be bent easily with the application of ultrasonic vibrations. The time elapsed before the specimens were fractured was reduced with the increase in the driving voltage. The impact force was reduced by up to 82.3% with the application of ultrasonic vibrations. Atsuyuki Suzuki, Kai Kimura, Futoshi Nishimura, Jiromaru Tsujino

Development of an impact-reduction device by applying ultrasonic vibrations to a high-strength steel plate using a downsized transducer (査読付) IOP PUBLISHING LTD JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS 55巻 7号 pp.07KE12~ 0021-4922 2016年 07月

In this study, we attempted to downsize an ultrasonic impact-reduction device and studied its use in vehicles because the use of large devices increases the overall vehicle weight and size and reduces fuel economy. We downsized the ultrasonic transducer to 195 mm from 435 mm and measured the vibration, deformation, and impact-reduction characteristics. The resonant frequency changed after a bolt-clamped Langevin-type transducer was connected with the horn, and the motional admittance decreased. Upon application of ultrasonic vibrations to a high-strength steel plate, the deformation magnitude increased, the springback magnitude decreased by up to 25%, and the impact force decreased by 18%. While the downsized impact reduction system was found to be less effective, it still showed an impact reduction effect. (C) 2016 The Japan Society of Applied Physics Atsuyuki Suzuki, Shota Ikeoka, Jiromaru Tsujino

Impact-reduction effect by applying ultrasonic vibrations to a cylindrical hot-melt adhesive (査読付) Japanese Journal of applied Physics. Japanese Journal of applied Physics. 54巻 pp.07HE05~ 2015年 06月

Atsuyuki SUZUKI, Kosaku HAYASHIDA, Jiromaru TSUJINO

Characteristics of Ultrasonic Linear Motor that Incorporates Two Transducers at an Acute Angle (査読付) IOP PUBLISHING LTD JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS 52巻 7号 pp.07HE04~ 0021-4922 2013年 07月

In this study, we have developed an ultrasonic linear motor that incorporates two transducers at an acute angle. The two transducers are used to generate the vertical and horizontal vibration components. The complex vibration is excited using two electrical sources with a phase shift. Ultrasonic motors have unique characteristics such as silent motion and absence of magnetic noise. These characteristics are suitable for use in hospitals and so on. Therefore, we focus on developing actuators for use in a medical bed, specifically a bedsore prevention bed. A study of the vibration characteristics of the motor showed that the resonant frequencies of the transducers were appropriate, although the vibration amplitude of one transducer was less than that of the other. A study of the load characteristics showed that a no-load speed of 267 mm/s and a maximum thrust of 40 N were obtained. (c) 2013 The Japan Society of Applied Physics Atsuyuki Suzuki, Masaki Tsunoji, Jiromaru Tsujino

Impact-absorbing effect by applying ultrasonic vibrations to high-tensile steel plate (査読付) IEEE 2013 IEEE INTERNATIONAL ULTRASONICS SYMPOSIUM (IUS) 2013 IEEE INTERNATIONAL ULTRASONICS SYMPOSIUM (IUS) pp.1646~1649 1948-5719 2013年

The stress induced during the plastic deformation of metals decreases with the application of ultrasonic vibrations. This effect is currently employed in industrial operations such as bending. Now, we note that the rigidity of a traditional crushable zone does not change instantaneously. In this light, in this study, we aim to develop an impact-absorbing system by applying ultrasonic vibrations that can change the rigidity of crushable zones instantaneously in the event of a traffic accident. Ultrasonic vibrations reduce not only the stress but also the springback amount. If the decrease in the latter effectively prevents the rebound of the colliding object, damage after rebounding will be reduced. In this study, we developed an experimental device to confirm the impact-absorbing effect by applying ultrasonic vibrations to a high-tensile steel plate. We measured the springback amount, impact-absorbing characteristics, and so on. The springback amount was reduced by up to 43% by the application of ultrasonic vibrations. The impact force was reduced by up to 35% by the application of ultrasonic vibrations. Atsuyuki Suzuki, Takahiro Onitake, Kanji Ikunaka, Jiromaru Tsujino

Impact-absorbing Characteristics by Applying Ultrasonic Vibration (査読付) AMER INST PHYSICS INTERNATIONAL CONGRESS ON ULTRASONICS (GDANSK 2011) INTERNATIONAL CONGRESS ON ULTRASONICS (GDANSK 2011) 1433巻 pp.369~372 0094-243X 2012年

An impact-absorbing device that facilitates the application of ultrasonic vibrations was devised. Vibration distributions, springback characteristics, and impact-absorption characteristics were measured. We confirm that the springback amount decreases and the impact is absorbed upon the application of ultrasonic vibrations. When an aluminum alloy plate is crumpled, the maximum output voltage of the attached shock sensor decreases to 65% upon the application of ultrasonic vibrations as compared to when the ultrasonic vibrations are not applied. Atsuyuki Suzuki, Eiichiro Ueki, Jiromaru Tsujino

Novel screw-shaped ultrasonic motor to obtain high torque (査読付) Proceedings - IEEE Ultrasonics Symposium Proceedings - IEEE Ultrasonics Symposium 1051-0117 2009年

In this paper, we discuss a method to obtain a high torque in a standing-wave-type ultrasonic motor. We devised a screw-shaped ultrasonic motor. Three bolt-clamped Langevin type longitudinal vibration transducers (BLTs) were installed in the shape of a screw in order to produce removal rotor and boost rotor power. The vibration and load characteristics of the motor were measured. ?2009 IEEE. Atsuyuki Suzuki, Kentaro Izumi, Jiromaru Tsujino

Configuration of a screw-shaped ultrasonic motor (査読付) IEEE 2008 IEEE ULTRASONICS SYMPOSIUM, VOLS 1-4 AND APPENDIX 2008 IEEE ULTRASONICS SYMPOSIUM, VOLS 1-4 AND APPENDIX pp.150~+ 1051-0117 2008年

In this study, we developed a screw-shaped ultrasonic motor comprising bolt-clamped Langevin type longitudinal vibration transducers (BLTs). Three BLTs are installed in the shape of a screw in order to produce complex vibration. The vibration and load characteristics of the motor were measured. Atsuyuki Suzuki, Yusuke Nakamura, Jiromaru Tsujino, Tetsugi Ueoka

Ultrasonic rotary motors using complex transverse, and torsional vibration rods and multiple longitudinal vibration transducers (査読付) JAPAN SOC APPLIED PHYSICS JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS PART 1-REGULAR PAPERS BRIEF COMMUNICATIONS & REVIEW PAPERS JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS PART 1-REGULAR PAPERS BRIEF COMMUNICATIONS 2005年 06月

The vibration and load characteristics of ultrasonic motors having (a) a torsional vibration cylinder with three bolt-clamped Langevin piezoelectric ceramic (PZT) longitudinal vibration transducers (BLTs) installed in the tangential direction and (b) a longitudinal vibration disk with three BLT transducers installed around a circular disk were studied. The center rod vibrates longitudinally and affects the load characteristics of the ultrasonic motor. Vibration distributions along a center rod were measured using a laser Doppler vibrometer. Revolution, electric input power, mechanical output power and efficiency were measured under various rotating torques. Maximum torque, revolution and efficiency of the ultrasonic motor with (a) a torsional vibration cylinder (a) were 0.75 Nm, 205 rpm and 1.68%, respectively, and (b) 0.32 Nm, 84 rpin and 1.68%, respectively, with a circular longitudinal vibration disk. A Suzuki, M Kihara, Y Katsumata, K Ishii, J Tsujino

複合振動を用いた超音波モータに関する研究 (査読付) 神奈川大学 神奈川大学 2005年 03月

鈴木 厚行

Configuration of a transverse vibration rod type ultrasonic motor using three longitudinal transducers driven in three different vibration phases (査読付) INST PURE APPLIED PHYSICS JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS PART 1-REGULAR PAPERS SHORT NOTES & REVIEW PAPERS JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS PART 1-REGULAR PAPERS SHORT NOTES & REVIEW PAPERS 43 2004年 05月

The vibration and load characteristics of an ultrasonic motor using a circular vibration disk with three longitudinal transducers have been studied. Three bolt-clamped Langevin type piezoelectric ceramic (PZT) longitudinal transducers (BLT) 20 mm in diameter were installed along the circumference of the circular disk, and complex transverse vibration rods were installed normally in the center of the circular disk. A complex transverse vibration rods are driven simultaneously using three power amplifiers with a phase difference of 120degrees. The transducers could also be driven using only one power amplifier in the case where the resonance frequencies were slightly different. A rotor disk installed on the free edge of the transverse vibration rod was pressed statically to a driving surface using a system for inducing static pressure. A maximum torque over 0.12 Nm was obtained using three power amplifiers under a static pressure of 1.7 MPa. A maximum rotation of 280 rpm and an efficiency of 1.13% were obtained using one power amplifier under a static pressure of 1.4 MPa. A Suzuki, M Kihara, Y Katsumata, N Kikuchi, J Tsujino

Configurations of ultrasonic motors using multiple longitudinal transducers (査読付) IEEE 2004 IEEE Ultrasonics Symposium, Vols 1-3 2004 IEEE Ultrasonics Symposium, Vols 1-3 pp.2267~2270 1051-0117 2004年

Vibration and load characteristics of ultrasonic motors (a) using a torsional vibration cylinder with three bolt-clamped Langevin type longitudinal vibration PZT transducers (BLT) installed in tangential direction and (b) using a longitudinal vibration disk with three BLT transducers installed around a circular disk are studied. A Suzuki, M Kihara, Y Katsumata, N Kikuchi, J Tsujino

Load characteristics of ultrasonic motors with a longitudinal-torsional converter and various nonlinear springs for inducing static pressure (査読付) INST PURE APPLIED PHYSICS JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS PART 1-REGULAR PAPERS SHORT NOTES & REVIEW PAPERS JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS PART 1-REGULAR PAPERS SHORT NOTES & REVIEW PAPERS 41 2002年 05月

The vibration and load characteristics of ultrasonic motors that use a longitudinal-torsional vibration converter and various nonlinear springs were studied. Ultrasonic motors have one-dimensional longitudinal-torsional converters with a diagonally slitted part. The vibration characteristics were markedly improved using nonlinear springs for inducing static pressure on the driving surface. Using a nonlinear static pressure source, the frictional driving force of a rotor increases during the forward duty cycle, and that during the opposite retracting cycle decreases, resulting in small frictional loss. The nonlinear static and dynamic characteristics of various material springs were measured. The nonlinear static pressure source may be applied to any types of ultrasonic motor. A Suzuki, J Tsujino

斜めスリット振動変換器を用いた超音波モータに関する研究 (査読付) 神奈川大学 神奈川大学 2002年 02月

鈴木 厚行

Load characteristics of ultrasonic motor with a longitudinal-torsional converter and various nonlinear springs for inducing static pressure (査読付) IEEE 2001 IEEE ULTRASONICS SYMPOSIUM PROCEEDINGS, VOLS 1 AND 2 2001 IEEE ULTRASONICS SYMPOSIUM PROCEEDINGS, VOLS 1 AND 2 pp.545~550 1051-0117 2001年

Ultrasonic rotary motors using a longitudinal-torsional vibration converter and a nonlinear spring for inducing static pressure were studied. Using nonlinear static pressure source, static pressure (frictional driving force) increases during forward duty cycle, and the force during opposite retracting cycle decreases resulting small frictional loss, and the load characteristics of the motor were significantly improved. Nonlinear static and dynamic characteristics of various material spring were measured. J Tsujino, A Suzuki

その他
Impact-reduction effect of ultrasonic vibrations on carbon fiber-reinforced polymer plate using a downsized transducer Proceedings of 2017 IEEE International Ultrasonics Symposium 口頭発表(一般) 2017年 09月

Atsuyuki SUZUKI, Kai KIMURA, Futoshi NISHIMURA, Jiromaru TSUJINO

炭素繊維強化プラスチックを用いた超音波衝撃軽減装置の小型化 日本音響学会2017年春季研究発表会 国内会議 口頭発表(一般) 2017年 03月

鈴木厚行, 木村開, 西村太志, 辻野次郎丸

超音波振動を炭素繊維強化プラスチックに印加したときの衝撃軽減効果 日本音響学会2016年春季研究発表会 国内会議 口頭発表(一般) 2016年 03月

鈴木厚行, 木村開, 西村太志, 辻野次郎丸

Downsizing of Impact-reduction Device Using Ultrasonic Transducer Symposium on Ultrasonic Electronics 国際会議 ポスター発表 2015年 11月

Atsuyuki SUZUKI, Shota IKEOKA, Jiromaru TSUJINO

Development of Impact-reduction System Using Ultrasonic Melting Symposium on Ultrasonic Electronics 国際会議 ポスター発表 2014年 12月

Atsuyuki SUZUKI, Kosaku HAYASHIDA, Jiromaru TSUJINO

レ型振動子を用いた超音波リニアモータ 超音波TECHNO 超音波TECHNO 3月~4月号 pp.14~18 2014年 04月

鈴木厚行, 辻野次郎丸

Impact-absorbing effect by applying ultrasonic vibrations to high-tensile steel plate IEEE 2013 Joint UFFC, EFTF and PFM symposium 国際会議 口頭発表(一般) 2013年 07月

Atsuyuki SUZUKI, Takahiro ONITAKE, Kanji IKUNAKA, Jiromaru TSUJINO

超音波の印加による高張力鋼板の変形特性および衝撃吸収特性 日本音響学会2013年春季研究発表会 国内会議 口頭発表(一般) 2013年 03月

鈴木厚行, 鬼武貴大, 生中完治, 辻野次郎丸

Configuration of an Ultrasonic Linear Motor for Use in a Medical Bed Symposium on Ultrasonic Electronics 国際会議 ポスター発表 2012年 11月

Atsuyuki SUZUKI, Masaki Tsunoji, Jiromaru TSUJINO

褥瘡軽減ベッド用超音波リニアモータの駆動特性 日本音響学会2012年春季研究発表会 国内会議 口頭発表(一般) 2012年 03月

鈴木厚行, 猪俣百矢, 辻野次郎丸

超音波の印加による金属の変形特性について 日本音響学会2011年春季研究発表会 国内会議 2011年 03月

鈴木厚行, 植木栄一郎, 辻野次郎丸

2本のボルト締めランジュバン型振動子を用いた超音波リニアモータの構成 日本音響学会2011年春季研究発表会 国内会議 口頭発表(一般) 2011年 03月

鈴木厚行, 猪俣百矢, 辻野次郎丸

Characteristics of a Screw-Shaped Ultrasonic Motor That Incorporates Three Transducers 20th International Congress on Acoustics 国際会議 2010年 08月

Atsuyuki SUZUKI, Kentaro IZUMI, Jiromaru TSUJINO

段付きホーンを用いたスクリュ型超音波モータの駆動特性 日本音響学会2010年春季研究発表会 国内会議 2010年 03月

鈴木厚行, 泉健太郎, 辻野次郎丸

Configuration of an Ultrasonic Linear Motor Comprising Bolt-Clamped Langevin Transducers Symposium on Ultrasonic Electronics 国際会議 2009年 11月

Atsuyuki SUZUKI, Tomohiro TANAKA, Jiromaru TSUJINO

Novel Screw-shaped Ultrasonic Motor to Obtain High Torque 2009 IEEE International Ultrasonics Symposium 国際会議 2009年 09月

Atsuyuki SUZUKI, Kentaro IZUMI, Jiromaru TSUJINO

Configuration of a Screw-shaped Ultrasonic Motor 2008 IEEE International Ultrasonics Symposium 国際会議 2008年 11月

Atsuyuki SUZUKI, Yusuke NAKAMURA, Tetsugi UEOKA, Jiromaru TSUJINO

直径 40 mmの金属円環対縦-曲げ振動変換器を用いた複合振動工具の構成 - 縦-曲げ振動変換器を用いた超音波複合振動工具(4) - 日本音響学会2008年春季研究発表会 国内会議 2008年 03月

辻野次郎丸, 上岡哲宜, 久保寺優, 大平悟, 山崎孝洋, 鈴木厚行

複数のボルト締めランジュバン型振動子を用いたスクリュ型超音波モータの構成について 日本音響学会2008年春季研究発表会 国内会議 2008年 03月

鈴木厚行, 中村有佑, 久保寺優, 上岡哲宜, 辻野次郎丸

直径 40 mmの金属円環対縦-曲げ振動変換器を用いた複合振動工具の構成 - 縦-曲げ振動変換器を用いた超音波複合振動工具(2) - 日本音響学会2007年秋季研究発表会講演論文集 2007年

辻野次郎丸, 上岡哲宜, 久保寺優, 大平悟, 山崎孝洋, 鈴木厚行

金属円環対縦-曲げ振動変換器を用いた直径 40 mm の超音波モータの構成 - 縦-曲げ振動変換器を用いた超音波回転装置(5) - 日本音響学会2007年春季研究発表会講演論文集 2007年

鈴木厚行, 久保寺優, 上岡哲宜, 辻野次郎丸

Configurations of Ultrasonic Motors Using Multiple Longitudinal Transducers Proceedings of 2004 IEEE International Ultrasonics Symposium, Ferroelectrics and Frequency Control 50th Anniversary Conference 2005年

Atsuyuki SUZUKI, Masaki KIHARA, Yasuhiro KATSUMATA, Naoki KIKUCHI, Jiromaru TSUJINO

ねじり振動円筒を用いた超音波モータの構成について - 縦-ねじり変換を用いた超音波回転装置(44) - 日本音響学会2005年春季研究発表会講演論文集 2005年

鈴木 厚行, 木原 昌紀, 勝亦 康裕, 石井 佳祐, 辻野 次郎丸

直径 15 mm の超音波モータの駆動力改善および動特性の検討 - 縦-ねじり変換を用いた超音波回転装置(42) - 日本音響学会2005年春季研究発表会講演論文集 2005年

辻野 次郎丸, 勝亦 康裕, 鈴木 厚行, 木原 昌紀, 久保寺 優

直径30mmの超音波モータの負荷特性の改善および時間応答特性について-縦-ねじり変換を用いた超音波回転装置(43)- 日本音響学会2005年春季研究発表会講演論文集 2005年

辻野次郎丸, 木原昌紀, 鈴木厚行, 勝亦康裕

Ultrasonic Rotary Motors Using Complex Transverse and Torsional Vibration rods and Multiple BLT Transducers 第25回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム 2004年

鈴木厚行, 木原昌紀, 勝亦康裕, 石井佳祐, 辻野 次郎丸

ねじり振動円筒を用いた超音波モータの負荷特性について 電子情報通信学会・音響学会超音波研究会技術研究報告 2004年

鈴木 厚行, 木原 昌紀, 勝亦 康裕, 石井 佳祐, 久保寺 優, 辻野 次郎丸

平盤型超音波モータの静圧力印加装置と負荷特性について-縦-ねじり変換を用いた超音波回転装置(38)- 日本音響学会2004年春季研究発表会講演論文集 2004年

鈴木厚行, 木原昌紀, 勝亦康裕, 菊池直樹, 辻野郎丸

直径 15 mm の超音波モータの静圧力印加装置および動特性の検討 - 縦-ねじり変換を用いた超音波回転装置(39)- 日本音響学会2004年秋季研究発表会講演論文集 2004年

辻野次郎丸, 勝亦康裕, 鈴木厚行, 木原昌紀, 久保寺優

直径 30 mm の超音波モータの負荷特性および時間応答特性について - 縦-ねじり変換を用いた超音波回転装置(40)- 日本音響学会2004年秋季研究発表会講演論文集 2004年

辻野次郎丸, 木原昌紀, 鈴木厚行, 勝亦康裕

直径15 mm の超音波モータの静圧力印加装置の検討-縦-ねじり変換を用いた超音波回転装置(36)- 日本音響学会2004年春季研究発表会講演論文集 2004年

辻野次郎丸, 勝亦康裕, 鈴木厚行, 木原昌紀

直径30 mm の超音波モータの静圧力印加装置の検討-縦-ねじり変換を用いた超音波回転装置(37)- 日本音響学会2004年春季研究発表会講演論文集 2004年

辻野次郎丸, 木原昌紀, 鈴木厚行, 勝亦康裕, 菊池直樹

複合曲げ振動棒およびねじり振動棒を用いた超音波モータの振動特性について - 縦-ねじり変換を用いた超音波回転装置(41)- 日本音響学会2004年秋季研究発表会講演論文集 2004年

鈴木厚行, 木原昌紀, 勝亦康裕, 石井佳祐, 辻野次郎丸

Configurations of an Ultrasonic Motor Using a Circular Vibration Disk with Three Longitudinal Transducers Proceedings of 5th WCU, World Congress on Ultrasonics 2003年

Atsuyuki SUZUKI, Masaki KIHARA, Yasuhiro KATSUMATA, Jiromaru TSUJINO

平盤型超音波モータの構成について - 縦-ねじり変換を用いた超音波回転装置(34)- 日本音響学会2003年春季研究発表会講演論文集 2003年

鈴木厚行, 木原昌紀, 勝亦康裕, 辻野 次郎丸

平盤型超音波モータの負荷特性について - 縦-ねじり変換を用いた超音波回転装置(37)- 日本音響学会2003年秋季研究発表会講演論文集 2003年

鈴木厚行, 木原昌紀, 勝亦康裕, 菊池直樹, 辻野 次郎丸

曲げ・ねじり振動超音波モータの静圧力印加装置の検討 - 縦-ねじり変換を用いた超音波回転装置(32)- 日本音響学会2003年春季研究発表会講演論文集 2003年

辻野次郎丸, 鈴木厚行, 勝亦康裕, 木原昌紀

直径 15 mm の超音波モータの過渡応答および負荷特性の検討 - 縦-ねじり変換を用いた超音波回転装置(35)- 日本音響学会2003年秋季研究発表会講演論文集 2003年

辻野 次郎丸, 勝亦康裕, 鈴木厚行, 木原昌紀

直径 30 mm の超音波モータの静圧力印加装置および負荷特性の検討 - 縦-ねじり変換を用いた超音波回転装置(36)- 日本音響学会2003年秋季研究発表会講演論文集 2003年

辻野次郎丸, 木原昌紀, 鈴木厚行, 勝亦康裕, 菊池直樹

直径 30 mm の超音波モータの静圧力印加装置の検討 - 縦-ねじり変換を用いた超音波回転装置(33)- 日本音響学会2003年春季研究発表会講演論文集 2003年

辻野次郎丸, 木原昌紀, 鈴木厚行, 勝亦康裕

縦振動円盤を用いた超音波モータの構成 第24回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム 2003年

鈴木 厚行, 木原 昌紀, 勝亦 康裕, 菊池 直樹, 辻野 次郎丸

Load Characteristics of Ultrasonic Motor with a Longitudinal-torsional Converter and Various Nonlinear Spring for Inducing Static Pressure Proceedings of 2001 IEEE International Ultrasonics Symposium 2002年

Jiromaru TSUJINO, Atsuyuki SUZUKI

斜めスリット付き曲げ-ねじり振動変換器を用いた超音波モータの構成について 第23回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム 2002年

鈴木 厚行, 木原 昌紀, 勝亦 康裕, 辻野 次郎丸

曲げ・ねじり振動を用いた超音波モータの構成について - 縦-ねじり変換を用いた超音波回転装置(30)- 日本音響学会2002年秋季研究発表会講演論文集 2002年

辻野 次郎丸, 鈴木 厚行, 木原 昌紀, 勝亦 康裕

直径 30 mm の超音波モータの振動特性および負荷特性について - 縦-ねじり変換を用いた超音波回転装置(29)- 日本音響学会2002年春季研究発表会講演論文集 2002年

辻野次郎丸, 鈴木厚行, 木原昌紀, 内田雄士

直径 30 mm の超音波モータの駆動力の改善について - 縦-ねじり変換を用いた超音波回転装置(31)- 日本音響学会2002年秋季研究発表会講演論文集 2002年

辻野 次郎丸, 木原 昌紀, 鈴木 厚行, 勝亦 康裕

超音波モータの静圧力印加装置の時間応答特性および負荷特性について - 縦-ねじり変換を用いた超音波回転装置(28)- 日本音響学会2002年春季研究発表会講演論文集 2002年

辻野次郎丸, 鈴木厚行, 木原昌紀, 内田雄士

超音波モータの非線形静圧力印加特性および負荷特性について 第22回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム 2001年

辻野 次郎丸, 鈴木 厚行, 木原 昌紀

超音波モータの非線形静圧力印加装置の特性および負荷特性について - 縦-ねじり変換を用いた超音波回転装置(27)- 日本音響学会2001年秋季研究発表会講演論文集 2001年

辻野 次郎丸, 鈴木 厚行, 木原 昌紀, 内田 雄士, 海野 昌也

超音波モータの駆動部静圧力印加用バネの時間応答特性について - 縦-ねじり変換を用いた超音波回転装置(26)- 日本音響学会2001年春季研究発表会講演論文集 2001年

辻野 次郎丸, 鈴木 厚行, 藤井 暁也, 大田 晴啓

直径 30 mm の超音波モータの構成および負荷特性について - 縦-ねじり変換を用いた超音波回転装置(23)- 日本音響学会2000年春季研究発表会講演論文集 2000年

辻野 次郎丸, 青野 一弘, 鈴木 厚行

直径 30 mm の超音波モータの駆動部静圧力および負荷特性について - 縦-ねじり変換を用いた超音波回転装置(25)- 日本音響学会2000年秋季研究発表会講演論文集 2000年

辻野 次郎丸, 鈴木 厚行, 藤井 暁也, 大田 晴啓

超音波モータの駆動部・ロータ材質の組み合わせおよび負荷特性について - 縦-ねじり変換を用いた超音波回転装置(22)- 日本音響学会2000年春季研究発表会講演論文集 2000年

辻野 次郎丸, 鈴木 厚行, 青野 一弘

超音波モータの駆動部静圧力印加用バネ特性および負荷特性について 電子情報通信学会・音響学会超音波研究会技術研究報告 2000年

辻野 次郎丸, 鈴木 厚行, 藤井 暁也, 大田 晴啓

超音波モータの駆動部静圧力印加用バネ特性および負荷特性について - 縦-ねじり変換を用いた超音波回転装置(24)- 日本音響学会2000年秋季研究発表会講演論文集 2000年

辻野 次郎丸, 鈴木 厚行, 藤井 暁也, 大田 晴啓

超音波モータの駆動部の材質および負荷特性について - 縦-ねじり変換を用いた超音波回転装置(21)- 日本音響学会1999年秋季研究発表会講演論文集 1999年

辻野 次郎丸, 鈴木 厚行, 青野 一弘

共同研究

強力超音波の応用に関する共同研究を実施したことがあります。

技術相談の内容

強力超音波の応用に関する技術