張間  貴史

HARIMA  Takashi
学科

機械電気工学科

職名

教授

学位

博士(工学)

校務

教育改善IR室長,キャリア教育支援室員,学生相談室員,国際交流室員,本部事務局教育参事(併任)

メールアドレス

harima@tokuyama.ac.jp

専門分野

流体工学

研究テーマ

複数円形噴流の流れ場に関する実験的研究

教育ポリシー
教育活動の考え方

学生の主体的な学びの活動をいかに実現するか,を考えています。授業で取り扱う内容そのものを軽視するつもりはありませんが,そこで得た知識そのものよりも,それを理解するプロセスを大事にしたいと思っています。

授業への取り組み

それぞれの授業において扱う内容を,なぜ学ぶ必要があるのか,学ぶとどのような良いことがあるのか,それらがよくわからなかったとしても,「なんとなく」でも良いので興味がもてる授業進行をしたいと思っています。可能な限り,一斉講義の時間を減らし,板書を省略します。

研究ポリシー

学術的な研究(本研究室では主に実験)を軸として,新たに流体工学以外の技術も取り入れた複合的な研究に発展させたいと思っています。


授業科目
  • 機械の基礎(1年)
  • 基礎設計製図Ⅱ(2年)
  • 設計製図Ⅰ(3年)
  • 工学実験Ⅰ(3年)
  • 水力学Ⅰ(3年)
  • 水力学Ⅱ(4年)
  • 工学実験Ⅱ(4年)
  • 設計製図Ⅱ(4年)
  • 設計製図Ⅲ(5年)
  • ターボ機械(5年)
  • 機械制御工学総合実験(専攻科1年)
学歴
平成 5年 3月 徳山工業高等専門学校機械電気工学科卒業
平成 7年 3月 長岡技術科学大学機械システム工学課程卒業
平成 9年 3月 名古屋大学大学院工学研究科修士課程 修士(工学)
平成17年 3月 山口大学大学院理工学研究科博士後期課程設計工学専攻修了 (博士(工学))
職歴
平成 9年 4月 徳山工業高等専門学校機械電気工学科助手(平成18年3月まで)
平成18年 4月 徳山工業高等専門学校機械電気工学科助教授(平成19年3月まで)
平成19年 4月 徳山工業高等専門学校機械電気工学科准教授(平成25年3月まで)
平成27年 4月 徳山工業高等専門学校機械電気工学科教授(現在に至る)
学会及び社会活動
平成 7年 1月 日本機械学会学生員(平成9年3月まで)
平成 9年 4月 日本機械学会準会員(平成10年3月まで)
平成10年 4月 日本機械学会生会員(現在に至る)
賞罰
該当なし
教育上の能力に関する事項
教育方法の実践例
該当なし
 
作成した教科書・教材
実例で学ぶ機械設計製図 実教出版,共著,ISBN978-4-407-34768-5 令和元年6月20日

代表的な機械要素を題材にした設計例のうち、手巻きウインチおよび渦巻ポンプの製図例執筆を担当した。

学校の評価
 
実務経験 特記事項
該当なし
 
その他
該当なし
 
職務上の能力に関する事項
資格・免許
該当なし
 
特許等
水力学実験装置 出願番号:特願2003-027855,特許第4214308号 平成20年11月

(全体概要) 流体の力学を学習する上で、圧力測定、風速測定、流量測定及び管路抵抗に関する実験を体験し、圧力測定装置の原理や流体運動に関する定理の理解を深める水力学実験装置を提供する。 (担当部分の概要) 空気を供給する送風部2と、この送風部2にその端部を接続され空気流の流路を形成する管路部3と、この管路部3の表面に前記空気流の進行方向に所定の距離を隔てて穿設され前記空気流の静圧を測定する少なくとも2つの静圧測定孔6と7、これらの静圧測定孔の内少なくとも1つの静圧測定孔7が穿設される位置を一部として含む前記管路部3の周方向表面のいずれかに位置し前記管路部3外部から管路部3内部に向かって挿通され前記空気流の全圧を測定するピトー管10と、前記管路部3の他端部に接続されるオリフィス部15からなる水力学実験装置。張間の担当部分は、管路部3の周方向位置の決定、ピトー管10およびオリフィス部15の寸法決定。 (発明者:門脇重道、藤田重隆、張間貴史)

実務経験 特記事項
該当なし
 
その他
該当なし
 
著作、学術論文等
著作
Passive Control of the Two-Dimensional Jet a Rectangular Notch Proceeding of 2002 ASME International Mechanical Engineering Congress and Exposition 2002年

Passive Control of the Two-Dimensional Jet a Rectangular Notch Proceeding of 2002 ASME International Mechanical Engineering Congress and Exposition 2002年

Mixing and Diffusion Processes of Twin Circular Free Jets with Various Nozzle Spacing Proceeding of World Conference on Experimental Heat Transfer, Fluid Mechanics, and Thermodynamics (ExWFT-5) 2001年

Mixing and Diffusion Processes of Twin Circular Free Jets with Various Nozzle Spacing Proceeding of World Conference on Experimental Heat Transfer, Fluid Mechanics, and Thermodynamics (ExWFT-5) 2001年

学術論文
Effects of Rectangular Nozzle Arrangement Interval on Characteristics of Multiple Rectangular Jets in a Line with Constant Aspect Ratio (査読付) Fluid Mechanics Fluid Mechanics 4巻 2号 pp.38~47 2018年

張間 貴史

Operation of Rectangular Jet using a Rectangular Notch at the Midspan (査読付) J Fluid Dynamics J Fluid Dynamics 1巻 1号 pp.1~11 2018年

張間 貴史

Operation in the turbulent jet field of a linear array of multiple rectangular jets using a two-dimensional jet (Variation of mean velocity field) (査読付) E D P SCIENCES EFM15 - EXPERIMENTAL FLUID MECHANICS 2015 EFM15 - EXPERIMENTAL FLUID MECHANICS 2015 114巻 2100-014X 2016年

The mean flowfield of a linear array of multiple rectangular jets run through transversely with a two-dimensional jet, has been investigated, experimentally. The object of this experiment is to operate both the velocity scale and the length scale of the multiple rectangular jets using a two-dimensional jet. The reason of the adoption of this nozzle exit shape was caused by the reports of authors in which the cruciform nozzle promoted the inward secondary flows strongly on both the two jet axes. Aspect ratio of the rectangular nozzle used in this experiment was 12.5. Reynolds number based on the nozzle width d and the exit mean velocity U-e (congruent to 39 m / s) was kept constant 25000. Longitudinal mean velocity was measured using an X-array Hot-Wire Probe (l(h) = 3.1 mu m in diameter, d(h) = 0.6 mm effective length : d(h)/l(h) = 194) operated by the linearized constant temperature anemometers (DANTEC), and the spanwise and the lateral mean velocities were measured using a yaw meter. The signals from the anemometers were passed through the low-pass filters and sampled using A.D. converter. The processing of the signals was made by a personal computer. Acquisition time of the signals was usually 60 seconds. From this experiment, it was revealed that the magnitude of the inward secondary flows on both the y and z axes in the upstream region of the present jet was promoted by a two-dimensional jet which run through transversely perpendicular to the multiple rectangular jets, therefore the potential core length on the x axis of the present jet extended 2.3 times longer than that of the multiple rectangular jets, and the half-velocity width on the rectangular jet axis of the present jet was suppressed 41% shorter compared with that of the multiple rectangular jets. Shigetaka Fujita, Takashi Harima

複数長方形噴流場の二次元噴流による操作(平均速度場の変化) (査読付) 日本機械学会論文集 Vol.80 No.820 Page.WEB ONLY FE0359 (2014) 日本機械学会論文集 Vol.80 No.820 Page.WEB ONLY FE0359 (2014) 2014年 12月

張間 貴史

Turbulent jets issuing from rectangular nozzle with a rectangular notch at the midspan (査読付) Experimental fluid mechanics, 2011-Vol.1, pp.147-157,2011. Experimental fluid mechanics, 2011-Vol.1, pp.147-157,2011. 2011年 11月

張間 貴史

中央に長方形切欠をもつ長方形ノズルから流出する乱流噴流場 (査読付) 日本機械学会論文集, B編, vol.77, No.775, pp.749-760,2011-3. 日本機械学会論文集, B編, vol.77, No.775, pp.749-760,2011-3. 2010年 03月

張間 貴史

Turbulent jets issuing from the rectangular nozzle with a rectangular notch at the midspan (査読付) FLUID STRUCYURE INTERACTION V, pp.61-70, 2009. FLUID STRUCYURE INTERACTION V, pp.61-70, 2009. 2009年 05月

張間 貴史

中央に長方形切欠をもつ長方形ノズルから流出する乱流噴流(第1報、平均速度場) (査読付) 日本機械学会論文集, B編, vol.72, No.717, pp.1159-1165, 2006. 日本機械学会論文集, B編, vol.72, No.717, pp.1159-1165, 2006. 2006年 05月

張間 貴史

Turbulent properties of twin circular free jets with various nozzle spacing (査読付) ELSEVIER SCIENCE BV ENGINEERING TURBULENCE MODELLING AND EXPERIMENTS 6 ENGINEERING TURBULENCE MODELLING AND EXPERIMENTS 6 pp.501~510 2005年

The turbulent flowfield of three-dimensional turbulent jets issuing from two circular nozzles has been investigated experimentally. The aim of this report is to supply a series of turbulent data of twin circular jets for the cases of three different nozzle spacing (S/d=2, 4 and 8) in the region where the interference between two circular jets exists. Turbulence quantities which include the turbulence intensity and the Reynolds shear stress, were measured using an X-type hot wire probe (5 gm in diameter, 1mm effective length) operated by the linearized constant temperature anemometers (DANTEC). The exit plane Reynolds number based on nozzle exit velocity U-e (approximate to 40m/s) and nozzle diameter d, was kept constant at 25000 through out this experiment. From this experiment, it was found that switching tendency between the major and minor axes in the contour plot of u(rms)/U-e was observed in nozzle spacing S/d=2 and 4. Also, the development of the turbulence intensity in the inner region between two circular jets was suppressed by the interference of each circular jet. T Harima, S Fujita, H Osaka

中央に長方形切欠をもつ二次元的ノズルから流出する乱流噴流(付加ひずみ速度と乱流運動エネルギー生成) (査読付) 日本機械学会論文集B編, Vol.70, No.695, pp.1717-1724 日本機械学会論文集B編, Vol.70, No.695, pp.1717-1724 2004年 07月

張間 貴史

Passive Control of the Two-Dimensional Jet Using a Rectangular Notch (査読付) ASME, Proceedingof 5th International Symposium on FSI,AE&FIV+N,pp.1-7.New Orleans,USA ASME, Proceedingof 5th International Symposium on FSI,AE&FIV+N,pp.1-7.New Orleans,USA 2002年 11月

張間 貴史

中央に長方形切欠をもつ二次元的ノズルから流出する乱流噴流(乱流場の流れ方向変化) (査読付) 日本機械学会論文集 B編, Vol.67, No.663, pp.2670-2677. 日本機械学会論文集 B編, Vol.67, No.663, pp.2670-2677. 2001年 11月

張間 貴史

中央に長方形切欠をもつ二次元的ノズルから流出する乱流噴流(平均速度場の流れ方向変化) (査読付) 日本機械学会論文集 B編, Vol.65, No.631, pp.905-911 日本機械学会論文集 B編, Vol.65, No.631, pp.905-911 1999年 03月

張間 貴史

その他
ノズル配置ピッチが複数長方形噴流の発達に及ぼす影響(ノズルピッチアスペクト比一定) 日本機械学会第94期流体工学部門講演会講演論文集 (USBメモリ), 2016-11 日本機械学会第94期流体工学部門講演会講演論文集 (USBメモリ), 2016-11 2016年 11月

張間 貴史

直列に配置された円形ノズルから流出する乱流自由噴流(平均速度場) 日本機械学会第94期流体工学部門講演会講演論文集 (USBメモリ), 2016-11 日本機械学会第94期流体工学部門講演会講演論文集 (USBメモリ), 2016-11 2016年 11月

張間 貴史

長方形噴流の発達に与えるノズル軸端形状の影響(平均速度場) 日本機械学会中国四国支部総会・講演会講演論文集 (CD), 2014-3 日本機械学会中国四国支部総会・講演会講演論文集 (CD), 2014-3 2014年 03月

張間 貴史

複数の長方形切欠を用いた二次元噴流の操縦(二次流れによる寄与) 日本機械学会中国四国支部総会・講演会講演論文集 Vol.50th (CD-ROM) Page.ROMBUNNO.1101 日本機械学会中国四国支部総会・講演会講演論文集 Vol.50th (CD-ROM) Page.ROMBUNNO.1101 2012年 03月

張間 貴史

Turbulent jets issuing from rectangular nozzle with a rectangular notch at the midspan (査読付) Experimental fluid mechanics, 2011-Vol.1, pp.147-157,2011. Jicin, Czech Republic Experimental fluid mechanics, 2011-Vol.1, pp.147-157,2011. Jicin, Czech Republic 2011年 11月

張間 貴史

複数の長方形切欠を用いた二次元乱流噴流の操縦(乱流特性) 日本機械学会年次大会講演論文集,Vol.2010 No.Vol.2 Page.167-168 日本機械学会年次大会講演論文集,Vol.2010 No.Vol.2 Page.167-168 2010年 09月

張間 貴史

Turbulent jets issuing from the rectangular nozzle with a rectangular notch at the midspan (査読付) Fifth international conference on fluid structure interaction, FLUID STRUCYURE INTERACTION V, pp.61-70, 2009. Fifth international conference on fluid structure interaction, FLUID STRUCYURE INTERACTIO 2009年 05月

張間 貴史

複数の長方形切欠を用いた二次元乱流噴流の操縦(平均流特性) 日本機械学会中国四国支部総会・講演会講演論文集,Vol.47th Page.175-176 日本機械学会中国四国支部総会・講演会講演論文集,Vol.47th Page.175-176 2009年 02月

張間 貴史

水力学実験装置(再掲) 出願:平成15年2月5日,出願番号:特願2003-027855,特許第4214308号 出願:平成15年2月5日,出願番号:特願2003-027855,特許第4214308号 2008年 11月

張間 貴史

長方形切欠を加えた長方形噴流の流れ場の可視化 可視化情報学会誌,Vol.27 No.Suppl.2 Page.55-56 可視化情報学会誌,Vol.27 No.Suppl.2 Page.55-56 2007年 09月

張間 貴史

中央に長方形切欠を持つ長方形ノズルから流出する乱流噴流(乱流場) 日本機械学会中国四国支部総会・講演会講演論文集,Vol.44th Page.107-108 日本機械学会中国四国支部総会・講演会講演論文集,Vol.44th Page.107-108 2006年 02月

張間 貴史

Turbulent Properties of Twin Circular Free Jets with Various Nozzle Spacing (査読付) Engineering Turbulence Modelling and Experiments 6, Proceedings of 6th ERCOFTAC International Symposium on Engineering Modelling and Measurements (ETMM6), pp.501-510, 2005. Engineering Turbulence Mod 2005年 06月

張間 貴史

アスペクト比の異なる長方形切欠をもちいた長方形噴流の制御(平均速度場) 日本機械学会年次大会講演論文集, Vol.2004 No.Vol.2 Page.273-274 日本機械学会年次大会講演論文集, Vol.2004 No.Vol.2 Page.273-274 2004年 09月

張間 貴史

噴流中心間距離が異なる2円形自由噴流の混合拡散過程 日本機械学会中国四国支部地方講演会講演論文集, Vol.2002 松山 Page.47-48 日本機械学会中国四国支部地方講演会講演論文集, Vol.2002 松山 Page.47-48 2002年 10月

張間 貴史

Passive control of the two-dimensional jet using a rectangular notch AMER SOC MECHANICAL ENGINEERS PROCEEDINGS OF THE 5TH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON FLUID STRUCTURE INTERACTION, AEROELASTICITY, FLOW INDUCED VIBRATION AND NOISE, PTS A AND B PROCEEDINGS OF THE 5TH INTERN 2002年

The mean and turbulent flow properties of turbulent jet issuing from a quasi two-dimensional (2-D) nozzle with a rectangular notch (aspect ratio: AR = 12.5) perpendicular to the two-dimensional nozzle at the midspan, have been measured. The exit Reynolds number was kept constant 13000. The aim of this study is to examine the effects of the rectangular notch on the mean and turbulent flowfields of the two-dimensional jet, and to clarify a possibility of a passive control of the two-dimensional jet using a rectangular notch. From the experiments, it was revealed that the potential core region existed until the section of x/d = 25. In the upstream region, the entrainment rate was smaller than that of the two-dimensional jet due to the inward secondary flow on the y and z axes. Furthermore, the streamwise development of the turbulent intensity was delayed. S Fujita, T Harima, H Osaka

Mixing and Diffusion Processes of Twin Circular Free Jets with Various Nozzle Spacing Proceeding of 5th World Conference on Experimental Heat Transfer, Fluid Mechanics, and Thermodynamics (ExHFT-5), vol.2, pp.1017-1022, 2001. Proceeding of 5th World Conference on Experimental Heat Tra 2001年 09月

張間 貴史

中央に配置された長方形切欠による長方形噴流の制御 日本機械学会年次大会講演論文集, Vol.2001 No.Vol.2 Page.147-148 日本機械学会年次大会講演論文集, Vol.2001 No.Vol.2 Page.147-148 2001年 08月

張間 貴史

Turbulent jet issuing from a quasi two-dimensional nozzle with a rectangular notch at the mitlspan (streamwise variation of turbulent flowfield) Japan Society of Mechanical Engineers Nihon Kikai Gakkai Ronbunshu, B Hen/Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers, Part B Nihon Kikai Gakkai Ronbunshu, B Hen/Transactions of the Japa 2001年

The turbulent flowfield of a turbulent air jet issuing from a quasi two-dimensional nozzle with a rectangular notch at the midspan, has been measured using linearized constant temperature anemometers. The aim of this study is to examine the streamwise variation of the turbulent quantities and the turbulent scales, and to clarify the asymptotic process of the present jet toward the two-dimensional jet. Throughout this experiment, Reynolds number based on the nozzle width and the exit velocity, was kept constant 13 000. From this experiment, in the upstream region of the quasi two-dimensional jet, it is revealed that the development of the turbulent kinetic energy is suppressed by means of the rectangular notch. In the far downstream region, the decreasing rate of the turbulent velocity scale at the jet center region approaches to that of the two-dimensional jet. Furthermore, the turbulent kinetic energy flux in the interactive region takes the minimum value at the section of x/d = l5 due to the inward secondary flow. Shigetaka Fujita, Takashi Iiarima, Hideo Osaka

中央に長方形切欠をもつ二次元的ノズルから流出する乱流噴流(乱流場の流れ方向変化)(共著) 日本機械学会論文集(B編) 日本機械学会論文集(B編) 67巻 663号 pp.2670~2677 1884-8346 2001年

藤田重隆, 張間貴史, 大坂英雄

噴流中心間距離が異なる2円形自由噴流の混合拡散過程 日本機械学会年次大会講演論文集 Vol.2000 No.Vol.4 Page.91-92 日本機械学会年次大会講演論文集 Vol.2000 No.Vol.4 Page.91-92 2000年 07月

張間 貴史

中央に配置された長方形切欠による長方形噴流の制御 日本機械学会流体工学部門講演会講演論文集, Vol.1999 Page.11-12 日本機械学会流体工学部門講演会講演論文集, Vol.1999 Page.11-12 1999年 09月

張間 貴史

噴流中心間距離が異なる2円形自由噴流の混合拡散過程 日本機械学会年次大会講演論文集, Vol.1999 No.Vol.4 Page.43-44 日本機械学会年次大会講演論文集, Vol.1999 No.Vol.4 Page.43-44 1999年 07月

張間 貴史

Turbulent Jet Issuing from a Quasi Two-Dimensional Nozzle with a Rectangular Notch at the Midspan(Streamwise Variation of Mean Velocity Field) TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY OF MECHANICAL ENGINEERS Series B TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY OF MECHANICAL ENGINEERS Series B 65巻 631号 pp.905~911 1884-8346 1999年

Shigetaka FUJITA, Takashi HARIMA, Hideo OSAKA

中央に長方形切欠をもつ二次元的ノズルから流出する乱流噴流(平均速度場の流れ方向変化)(共著) 日本機械学会論文集(B編) 日本機械学会論文集(B編) 65巻 631号 pp.905~911 1884-8346 1999年

藤田 重隆, 張間 貴史, 大坂 英雄

噴流中心間距離が異なる二円形自由噴流の混合拡散過程 日本機械学会中国四国支部地方講演会講演論文集, Vol.1998 岡山 Page.181-182 日本機械学会中国四国支部地方講演会講演論文集, Vol.1998 岡山 Page.181-182 1998年 10月

張間 貴史

中央に配置された長方形切り欠きによる長方形噴流の制御 日本機械学会通常総会講演会講演論文集, Vol.75th No.3 Page.261-262 日本機械学会通常総会講演会講演論文集, Vol.75th No.3 Page.261-262 1998年 03月

張間 貴史

共同研究

実績なし

技術相談の内容

・流れの計測(速度や圧力)
・流れの制御
・CAD教育(2次元および3次元)