大橋  正夫

  
学科

一般科目

職名

教授

学位

理学博士

メールアドレス

oohasi@tokuyama.ac.jp

電話番号

0834-29-6367

FAX番号

0834-29-6367


賞罰
平成24年 4月 平成24年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(理解増進部門)
教育上の能力に関する事項
教育方法の実践例
該当なし
 
作成した教科書・教材
該当なし
 
学校の評価
 
実務経験 特記事項
該当なし
 
その他
該当なし
 
職務上の能力に関する事項
資格・免許
危険物取扱者免状(甲種) 昭和59年9月10日

特許等
[発明の名称]層所チタン酸塩及びそれを用いた二次電池 公開日 2017.12.7

安価かつ安全で、良好な充放電特性を示す正極活物質である層状チタン酸塩を提供する。(特開2017-216155)

実務経験 特記事項
該当なし
 
その他
該当なし
 
著作、学術論文等
著作
チタン酸アルカリ セラミックスの事典(朝倉書店)p. 370 共著 2009年 06月

大橋 正夫

層状チタン酸塩の合成とインターカレーション電池への応用 平成16~18年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書 単著 2008年 02月

大橋 正夫

層状チタン酸塩の合成とイオン伝導 平成9、10年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書 単著 1999年 09月

大橋 正夫

層状チタン酸塩の二次電池正極活物質への応用 平成9、10年度科学研究費補助金(基盤研究(B)(2))研究成果報告書 単著 1999年 04月

大橋 正夫

酸化物、オキシハロゲン化物(共著) 層間化合物の開発と応用、加藤忠蔵黒田一幸編,シーエムシー発行 1985年

学術論文
Ion Exchange of Layer-Structured Titanate CsxTi2-x/2Mgx/2O4 (x = 0.70) and Applications as Cathode Materials for Both Lithium- and Sodium-Ion Batteries (査読付) Materials Sciences and Applications Materials Sciences and Applications 10巻巻 pp.150~157 2019年 05月

大橋正夫

トンネル構造タングステン酸塩K2W4O13の合成とイオン交換生成物 徳山工業高等専門学校研究紀要 徳山工業高等専門学校研究紀要 42号号 pp.11~16 2018年 12月

大橋 正夫

Novel Cathode Materials for Sodium Ion Batteries Derived from Layer Structured Titanate Cs2Ti5O11?(1+x)H2O (査読付) Materials Sciences and Applications Materials Sciences and Applications 9巻巻 pp.526~533 2018年 05月

大橋正夫

層状タングステン酸塩Cs4W11O35の合成とイオン交換生成物 徳山工業高等専門学校研究紀要 徳山工業高等専門学校研究紀要 41号号 pp.7~11 2017年 12月

大橋 正夫

層状バナジウム酸塩Rb3V5O14の合成とイオン交換反応 徳山工業高等専門学校研究紀要第40号pp. 19-23 徳山工業高等専門学校研究紀要第40号pp. 19-23 2016年 12月

大橋 正夫

層状タンタル酸塩Rb4Ta6O17・3H2Oの合成とイオン交換 徳山工業高等専門学校研究紀要第39号pp. 33-38 徳山工業高等専門学校研究紀要第39号pp. 33-38 2015年 12月

大橋 正夫

層状結晶Rb1-xTi1-xNb1+xO5(0<x<0.20)の合成と水素イオン交換生成物 徳山工業高等専門学校研究紀要第38号pp. 57-61 徳山工業高等専門学校研究紀要第38号pp. 57-61 2014年 12月

大橋 正夫

層状結晶RbTiTaO5の合成とイオン交換生成物 徳山工業高等専門学校研究紀要第37号pp. 25-30 徳山工業高等専門学校研究紀要第37号pp. 25-30 2013年 12月

大橋 正夫

層状モリブデン酸塩Cs2Mo7O22および関連化合物の合成 徳山工業高等専門学校研究紀要第36号pp. 31-35 徳山工業高等専門学校研究紀要第36号pp. 31-35 2013年 03月

大橋 正夫

層状モリブデン酸塩Cs2Mo5O16および関連化合物の合成 徳山工業高等専門学校研究紀要第35号pp. 43-47 徳山工業高等専門学校研究紀要第35号pp. 43-47 2012年 03月

大橋 正夫

層状チタン酸塩Cs2Ti5O11・(1+x)H2Oの合成とイオン交換 徳山工業高等専門学校研究紀要第34号pp. 43-47 徳山工業高等専門学校研究紀要第34号pp. 43-47 2010年 12月

大橋 正夫

Ion Exchange of Layer Structured Niobate Cs4Nb6O17? 3H2O and Its Application as Cathode Material in a Rechargeable Lithium Battery (査読付) Key Engineering Materials445巻pp.65-68 Key Engineering Materials445巻pp.65-68 445巻 pp.65~68 1013-9826 2010年

大橋 正夫

Ion exchange of layer structured crystal CsTiNbO5 and its application as cathode material in a rechargeable lithium battery (査読付) Key Engineering Materials Key Engineering Materials 421-422巻 pp.455~458 1013-9826 2010年

The layer structured titanoniobate CsTiNbO5 has been prepared in a solid state reaction using Cs2CO3, anatase type TiO2 and Nb2O5 at 1073 K. Ion exchange reactions of Cs+ in the interlayer space were studied in aqueous solutions. The host layers of the titanoniobate were maintained on the ion exchange reactions and the resulting products were found to contain interlayer water. The interlayer water in the lithium ion exchange product was removed by heating at 453 K in a vacuum. The resulting titanoniobate Cs 0.10Li0.60H0.30TiNbO5 was evaluated for its use as the cathode in a rechargeable lithium battery. The cathode exhibited discharge and charge capacities of 130 and 99 mAhg-1 for the first cycle in the voltage range of 1.5 - 4.2 V. The amounts of Li + intercalated and deintercalated were 1.16 and 0.88 of the formula unit, respectively. ? (2010) Trans Tech Publications. Masao Ohashi

層状結晶Rb3Ti5NbO14の合成とイオン交換 徳山工業高等専門学校研究紀要第33号pp. 39-43 徳山工業高等専門学校研究紀要第33号pp. 39-43 2009年 12月

大橋 正夫

Ion Exchange of Layer Structured Crystal K(x)Ti(2-x)Fe(x)O(4) (x=0.80) and Its Application as Cathode Material in a Rechargeable Lithium Battery (査読付) TRANS TECH PUBLICATIONS LTD ELECTROCERAMICS IN JAPAN XI ELECTROCERAMICS IN JAPAN XI 388巻 pp.97~100 1013-9826 2009年

The layer structured titanate K(x)Ti(2-x)Fe(x)O(4) (x = 0.80) with the lepidocrocite (gamma-FeOOH) type structure has been prepared in a solid state reaction using K(2)CO(3), anatase type TiO(2) and alpha-Fe(2)O(3) at 1373 K. Ion exchange reactions of K(+) in the interlayer space were studied in aqueouse solutions. The host layers of the titanate were maintained on the ion exchange reactions and the resulting products were found to contain interlayer water. The interlayer water in the hydrogen ion exchange product was removed by heating at 383 K in a vacuum. The resulting titanate H(0.79)K(0.01)Ti(1.20)Fe(0.80)O(4) was evaluated for its use as the cathode in a rechargeable lithium battery. The cathode exhibited discharge and charge capacities of 107 and 69 mAh/g for the first cycle in the voltage range of 1.5 - 4.2 V. Masao Ohashi

層状ニオブ酸塩Cs4Nb6O17 ・3H2Oの合成とイオン交換 徳山工業高等専門学校研究紀要第32号pp. 29-33 徳山工業高等専門学校研究紀要第32号pp. 29-33 2008年 12月

大橋 正夫

層状結晶CsTi2NbO7 のイオン交換とリチウム二次電池電極材料への応用 徳山工業高等専門学校研究紀要第31号pp. 37-41 徳山工業高等専門学校研究紀要第31号pp. 37-41 2007年 12月

大橋 正夫

層状結晶CsTiNbO5 のイオン交換とリチウム二次電池電極材料への応用 徳山工業高等専門学校研究紀要 第30号 pp. 27-31 徳山工業高等専門学校研究紀要 第30号 pp. 27-31 2006年 12月

大橋 正夫

層状チタン酸塩 KxTi2-xFexO4 (x=0.80)のイオン交換とリチウム二次電池電極材料への応用 徳山工業高等専門学校研究紀要 第29号 pp. 29-33 徳山工業高等専門学校研究紀要 第29号 pp. 29-33 2005年 12月

大橋 正夫

層状チタン酸塩 CsxTi2-x/2Mgx/2O4 (x = 0.70)の合成とイオン交換 徳山工業高等専門学校研究紀要 第28号 pp. 37-41 徳山工業高等専門学校研究紀要 第28号 pp. 37-41 2004年 12月

大橋 正夫

Preparation of Layer Structured Titanate CsxTi2xFexO4(x=0.70) and Appli-cation as Cathode Material in Rechargeable Lithium Battery (査読付) Solid State Ionics 第172卷 pp. 31-32 Solid State Ionics 第172卷 pp. 31-32 172号 pp.31~32 2004年 09月

大橋 正夫

Preparation and Ion Exchange of Layer Structured Cesium Chromium Titanate CsxTi2-xCrxO4(x=0.70) (査読付) J. Ceram. Soc. Jpn.(Suppl) 第112卷 pp. S114-S116 J. Ceram. Soc. Jpn.(Suppl) 第112卷 pp. S114-S116 112号 pp.S114-116~ 2004年 05月

大橋 正夫

Preparation of Layer-Structured Crystal KxTi2-xMnxO4 (x=0.75) and Appli-cation as Cathode Material in Re- chargeable Lithium Battery (査読付) Key Engineering Materials 第228-229卷 pp. 289-292 Key Engineering Materials 第228-229卷 pp. 289-292 2003年 12月

大橋 正夫

層状チタン酸塩 CsxTi2-x/2Znx/2O4 (x=0.70)の合成とイオン交換 徳山工業高等専門学校研究紀要 第27号 pp. 23-27 徳山工業高等専門学校研究紀要 第27号 pp. 23-27 27号 pp.23~27 2003年 12月

大橋 正夫

層状チタン酸塩 CsxTi2-xFexO4(x=0.70)の合成とイオン交換 徳山工業高等専門学校研究紀要 第26号 pp. 49-53 徳山工業高等専門学校研究紀要 第26号 pp. 49-53 26号 pp.49~53 2002年 12月

大橋 正夫

Zirconium nitride derived from layer-structured beta-ZrNCl by deintercalation of chlorine layers (査読付) AMER CHEMICAL SOC CHEMISTRY OF MATERIALS CHEMISTRY OF MATERIALS 14巻 11号 pp.4517~4521 0897-4756 2002年 11月

A highly oriented thin-layered zirconium nitride, ZrN, was derived from layer-structured crystals beta-ZrNCl via deintercalation of the chlorine atoms by the reaction with Na metal vapor. beta-ZrNCl consists of rhombohedrally stacked [Cl-Zr-N-N-Zr-Cl] slabs, each of which is composed of a honeycomblike double ZrN layer sandwiched between two close-packed chlorine layers. On deintercalation of the chlorine layers, the honeycomblike ZrN layers converted into ZrN(001) layers of the rock salt structure by expanding to the three equivalent directions [100] of beta-ZrNCl. beta-ZrNCl crystals were also thermally decomposed into ZrN at 950 degreesC under a stream of N-2/H-2 mixed gas. The two types of ZrNs that were obtained had the same stoichiometric composition of 1:1 but showed superconductivity at different transition temperatures (Tcs) of 6.2 and 10.0 K for the thin-layered and the thermally decomposed structures, respectively. LP Zhu, M Ohashi, S Yamanaka

Novel synthesis of TiN fine powders by nitridation with ammonium chloride (査読付) Elsevier Ltd Materials Research Bulletin Materials Research Bulletin 37巻 3号 pp.475~483 0025-5408 2002年 03月 01日

TiN fine powders were prepared by the reaction of TiH2 with ammonium chloride at various temperatures under a flow of N2/H2 mixed gas. In a temperature range of 500-800 °C, the powder samples obtained had a particle size of 3-20 nm, and a specific surface area of 30-60 m2/g. The particle size increased with the increase of the reaction temperature. The lattice parameters and the chemical analysis data showed that the TiN powder had the stoichiometric composition. The TiN powder prepared at temperatures of 600-800 °C showed superconductivity with a transition temperature of 4.0-4.5 K. ? 2002 Elsevier Science Ltd. All rights reserved. Liping Zhu, Masao Ohashi, Shoji Yamanaka

Preparation of Layer Structured Crystal CsxTi2xMnxO4 (x=0.70) and Application to Cathode for Rechargeable Lithium Battery (査読付) Key Engineering Materials 第216卷 pp. 119-122 Key Engineering Materials 第216卷 pp. 119-122 2002年 03月

大橋 正夫

Preparation of Layer-Structured Crystal KxTi2-xMnxO4 (x=0.75) and Application as Cathode Material in Rechargeable Lithium Battery Key Engineering Materials Key Engineering Materials 228-229巻 pp.289~292 2002年

層状チタン酸塩 CsxTi2-xCrxO4の合成とイオン交換 徳山工業高等専門学校研究紀要 第25号 pp. 31-35 徳山工業高等専門学校研究紀要 第25号 pp. 31-35 125号 pp.31~35 2001年 12月

大橋 正夫

層状チタン酸塩 CsxTi2-x/2Mx/2O4 (M = Co,Ni,Cu)の合成とイオン交換 徳山工業高等専門学校研究紀要 第24号 pp. 37-41 徳山工業高等専門学校研究紀要 第24号 pp. 37-41 24号 pp.37~41 2000年 12月

大橋 正夫

Ion Exchange of Layer Structured Titanate CsxTi2-x/4O4 (x=0.68) and Ionic Conductivity of theProducts (査読付) Mol. Cryst. Liq. Cryst. 第341卷 pp. 265-270 Mol. Cryst. Liq. Cryst. 第341卷 pp. 265-270 2000年 03月

大橋 正夫

Ion Exchange of Layer Structured Titanate CsxTi2-x/4O4(x=0.68)and Ionic Conductuvity of the Products Mol.Cryst.and Lig.Cryst Mol.Cryst.and Lig.Cryst 341巻 .265-270号 pp.265~270 2000年

層状マンガンチタ酸塩CsxTi2-xMnxO4 のリチウムイオン交換と二次電池正極活物質への応用 徳山工業高等専門学校研究紀要 第23号 pp. 61-65 徳山工業高等専門学校研究紀要 第23号 pp. 61-65 1999年 12月

大橋 正夫

層状マンガンチタン酸塩CsxTi2-xMnxO4のリチラムイオン交換と二次電池正極活物質への応用 徳山工業高等専門学校研究紀要 徳山工業高等専門学校研究紀要 23号 pp.61~65 1999年

層状結晶KxTi2-xMnxO4の合成とリチウム二次電池正極活物質への応用 徳山工業高等専門学校研究紀要 第22号 pp. 61-66 徳山工業高等専門学校研究紀要 第22号 pp. 61-66 1998年 12月

大橋 正夫

Preparation and Lithium Intercalation of Layer Structured Titanate Cs(x)Ti(2-x)/(4)O(4) (x=0.68) (査読付) GORDON BREACH PUBLISHING, TAYLOR & FRANCIS GROUP MOLECULAR CRYSTALS AND LIQUID CRYSTALS SCIENCE AND TECHNOLOGY SECTION A-MOLECULAR CRYSTALS AND LIQUID CRYSTALS MOLECULAR CRYSTALS AND LIQUID CRYSTALS S 1998年

The layered titanate Cs(x)Ti(2-x/4)O(4) has been synthesized in the range of 0.68 &lt;= x &lt;= 0.88 at 700 degrees C. Lithium has been intercalated into the titanate Cs(0.68)Ti(1.83)O(4)(x = 0.68 in Cs(x)Ti(2-x/4)O(4)) chemically and electrochemically. The increase of the electrical conductivity on the intercalation is estimated at a factor of 10(5) at room temperature. The saturated intercalation compound of Li(0.48)Cs(0.68)Ti(1.83)O(4) shows the broad optical absorption spectrum around 1050 nm due to the intervalence transition in the same manner as mixed-valence oxide such as H(x)WO(3). The titanate exhibits electrochromism on the intercalation-deintercalation of lithium. Masao Ohashi

層状結晶KxMnxTi2-xO4の合成とリチウム二次電池正極活物質への応用 徳山工業高等専門学校研究紀要 徳山工業高等専門学校研究紀要 22号 pp.61~66 1998年

層状チタン酸塩 CsxTi2-x/4O4 (x=0.68)層間へのNi2+の導入 徳山工業高等専門学校研究紀要 第21号 pp. 87-92 徳山工業高等専門学校研究紀要 第21号 pp. 87-92 21号 pp.87~92 1997年 12月

大橋 正夫

層状チタン酸塩 CsxTi2-x/4O4 (x=0.68)のイオン交換 徳山工業高等専門学校研究紀要 第20号 pp. 7-12 徳山工業高等専門学校研究紀要 第20号 pp. 7-12 20号 pp.7~12 1996年 12月

大橋 正夫

Ultraviolet Inverse-Photoemissionand Photoemission Spectra of Zn1-xMnxTe Films Grown by Hot Wall Epitaxy (査読付) Cryst. Res. Technol. 第31卷 pp. 911-914 Cryst. Res. Technol. 第31卷 pp. 911-914 1996年 09月

大橋 正夫

A New Layer- Structured Nitride Superconductor. Lithium-Interca- lated b-Zirconium Nitride Chloride, LixZrNCl (査読付) Adv. Mater. 第8卷 pp. 771-774 Adv. Mater. 第8卷 pp. 771-774 8巻 9号 pp.771~774 1521-4095 1996年 03月

大橋 正夫

1H-NMR Study of Hydrogen Interca- lated in b-Zirconi-um Nitride Chliride (査読付) J. Coord. Chem. 第37卷 pp. 77-87 J. Coord. Chem. 第37卷 pp. 77-87 1996年 01月

大橋 正夫

1H-NMR Study of Hydrogen Intercalated in β-Zirconium Nitride Chloride(共著) J. Coord. Chem. J. Coord. Chem. 37巻 1/4号 pp.77~87 0095-8972 1996年

KAWAJI H, YAMAMOTO K, YAMANAKA S, OHASHI M

Mn 3d states in diluted magnetic semiconductor Zn1-xMnxTe (査読付) Elsevier Journal of Electron Spectroscopy and Related Phenomena Journal of Electron Spectroscopy and Related Phenomena 79巻 pp.13~16 0368-2048 1996年

Electronic structures of Zn1-xMnxTe films (0 ? x ? 0.7) have been investigated by means of in situ measurements of inverse-photoemission and photoemission spectra. The Mn 3d spin-exchange splitting energy of 7.2 ± 0.2 eV is evaluated from emission peaks due to the Mn 3d↓ and 3d↑ states with eg symmetry. On the other hand, the whole spectrum including multielectron satellite compares well with the Mn 3d inverse-photoemission and photoemission spectra calculated using a configuration-interaction theory. K. Mimura, N. Happo, H. Sato, J. Harada, K. Miyazaki, H. Namatame, Y. Ueda, M. Ohashi, M. Taniguchi

Ultraviolet Inverse Photoemission and Photoemission Spectroscopies of Zn1-x Mnx Te Films Grown by Hot Wall Epitaxy(共著) Cryst. Res. Technol. , Cryst. Res. Technol. , 31巻 pp.911~914 1996年

層状チタン酸塩 CsxTi2-x/4O4 (0.68≦x≦0.88)の合成とリチウムインターカレーション 徳山工業高等専門学校研究紀要 第19号 pp. 41-45 徳山工業高等専門学校研究紀要 第19号 pp. 41-45 1995年 12月

大橋 正夫

New Anion Ex- changeable Layered Mixed Basic Salt (査読付) Mat. Res. Symp. Proc. 第371卷 pp. 131-142 Mat. Res. Symp. Proc. 第371卷 pp. 131-142 1995年 03月

大橋 正夫

New Anion Exchangeable Layered Mixed Basic Solt, Ni1-xZn2x(OH)2(OCOCH3)2x・nH2O(共著) Mat. Res. Soc. Symp. Proc. Mat. Res. Soc. Symp. Proc. 371巻 pp.131~142 1995年

Ultraviolet inverse photoemission and photoemission spectra of diluted magnetic semiconductor Zn1-xMnxTe (査読付) Journal of Physics: Condensed Matter Journal of Physics: Condensed Matter 7巻 23号 pp.4371~4383 0953-8984 1995年

Electronic structures of Zn1-xMnxTe films (0&lt or=x&lt or=0.7) grown epitaxially on GaAs(100) substrates have been investigated by means of in situ measurements of conduction band inverse photoemission and valence band photoemission spectra. The inverse photoemission spectrum of pure ZnTe exhibits clear peak structures at 4.0 and 6.7 eV above the valence band maximum reflecting maxima of density of states of conduction bands. With increasing Mn composition, new peaks show up at 3.5 eV in the inverse photoemission spectra and at -3.7 eV in the photoemission spectra. These peaks are ascribed to emission from the Mn 3d up arrow and 3d down arrow states with eg symmetry, respectively, and provide a spin exchange splitting energy of 7.2+or-0.2 eV. The Mn 3d-derived features are very similar to those in Cd1-xMnxTe, as a result of the close similarity of the local environment around the Mn atom. M. Taniguchi, N. Happo, K. Mimura, H. Sato, J. Harada, K. Miyazaki, H. Namatame, Y. Ueda, M. Ohashi

層状チタン塩酸Cs2xTi2-x/4O4 (0.68≦x≦0.88)の合成とリチウムインターカレーション(共著) 徳山工業高等専門学校研究紀要 徳山工業高等専門学校研究紀要 19号 pp.41~45 1995年

LiCoO2-TiO2系の反応と生成相 徳山工業高等専門学校研究紀要 第18号 pp. 17-21 徳山工業高等専門学校研究紀要 第18号 pp. 17-21 1994年 12月

大橋 正夫

Topotactic Con- version of Layer Structured ZrNX(X =Cl, Br, I) to ZrN (査読付) Ad. Materials 93, VI/A: Superconductors, Sur-faces and Super-lattices, Trans.Mat. Res. Soc. Jpn., 第19A卷 pp. 213-216 Ad. Materials 93, VI/A: Superconductors, Sur-faces and Super-lattices, Trans.Mat. R 1994年 08月

大橋 正夫

LiCoO2-TiO2系の反応と生成相(共著) 徳山工業高等専門学校研究紀要 徳山工業高等専門学校研究紀要 18巻 pp.17~21 1994年

Topotactic Conversion of Layer Structured ZrNX(X=Cl, Br, I)to ZrN(共著) Advanced Materials '93, VI/A, Trans. Mat. Res. Soc. Jpn. , Advanced Materials '93, VI/A, Trans. Mat. Res. Soc. Jpn. , 19A巻 pp.213~216 1994年

Reactivity and Chemical Modifica- tion of Oxide Su- perconductors (査読付) AIP Conf. Proc. 第19A卷 pp. 213-216 AIP Conf. Proc. 第19A卷 pp. 213-216 1993年 09月

大橋 正夫

Nitridation of Calcium Stabilized Zirconia (査読付) Mater. Res. Bull. 第28卷 pp. 655-665 Mater. Res. Bull. 第28卷 pp. 655-665 1993年 07月

大橋 正夫

Preparation and Properties of Zir- conium Oxynitrides by the Reaction of ZrO2 with Layer Structured b-ZrNCl (査読付) Mater. Res. Bull.第28卷 pp. 513-521 Mater. Res. Bull.第28卷 pp. 513-521 28巻 6号 pp.513~521 0025-5408 1993年 06月

大橋 正夫

Variable Range Hopping Conduction and Poole-Frenkel Effect in Copper Polyaniline Vermic-ulite Intercalation Compound (査読付) Phys. Rev. B 第47卷 pp. 13664-13673 Phys. Rev. B 第47卷 pp. 13664-13673 47巻 20号 pp.13664~13673 0163-1829 1993年 05月

大橋 正夫

(Nitridation of Calcium Stabilized Zirconia)(共著) Mater. Res. Bull. , Mater. Res. Bull. , 28巻 7号 pp.655~665 1993年

Reactivity and Chemical Modigication of Oxide Superconductors AIP Conf.Proc. AIP Conf.Proc. 273巻 pp.302~310 1993年

Iodine and Lithium Intercalation into the High-Tc Superconducting Ox-ide Bi2Sr2CaCu2Oy (査読付) Solid State Ionics 第57卷 pp. 183-187 Solid State Ionics 第57卷 pp. 183-187 1992年 12月

大橋 正夫

Preparation and Ionic Conductivity of Alkali Metal Ti-tanium Silicophos- phates AxTi3P6Si2O25(A=Li,Na, K) (査読付) Solid State Ionics 第53-56卷 pp. 534-538 Solid State Ionics 第53-56卷 pp. 534-538 1992年 09月

大橋 正夫

Iodine and Lithium Intercalation into the High-Tc Superconduction Oxide Bi2 Sr2 Ca Cu2 Oy(共著) Solid State Ionics Solid State Ionics 57,177-182巻 57号 pp.177~182 1992年

Preparation and Ionic Conductivity of Alkali Metal Titanium Silicophosphates AxTi3P6Si2O 25(A=Li, Na, K) (共著) Solid State Ionics Solid State Ionics 53-56, 534-538巻 1992年

Co-Intercalation of Tetrahydrofuran and Propylene Car-bonate with Alkali Metals in b-ZrNCl Layer Structured Crystal (査読付) Bull. Chem. Soc. Jpn. 第64卷 pp. 2814-2818 Bull. Chem. Soc. Jpn. 第64卷 pp. 2814-2818 64巻 9号 pp.2814~2818 0009-2673 1991年 09月

大橋 正夫

Co-Intercalation of Tetrahydrofuran with Lithium in b-ZrNCl Layered Crystal (査読付) Chem. Latters. 第1990卷 pp. 93-96 Chem. Latters. 第1990卷 pp. 93-96 1990年 01月

大橋 正夫

Co-intercalation of Tetrahydrofuran with Lithium in β-ZrNCL Layered Crystal(共著) Chemistry Letters Chemistry Letters 1990, 93-96巻 1990年

層状結晶ZrNX(X=Br,I) の合成と電気伝導度 (査読付) 日本セラミックス協会学術論文誌 第97卷 pp. 1181-1188 日本セラミックス協会学術論文誌 第97卷 pp. 1181-1188 97巻 10号 pp.1175~1181 1989年 10月

大橋 正夫

Electrochemical Characteristics of Layer Structured b-ZrNCl in Lithium Cell (査読付) J. Electrochem. Soc. 第136卷 pp. 1086-1089 J. Electrochem. Soc. 第136卷 pp. 1086-1089 136巻 4号 pp.1086~1089 0013-4651 1989年 04月

大橋 正夫

Preparation and Prop-erties of Layer Stru-ctured Crystal b-Zirconium Chloride Nitride 大阪大学 大阪大学 1989年 03月

大橋 正夫

Hydrogen uptake by layer structured β-ZrNCl (査読付) Solid State Ionics Solid State Ionics 32-33巻 1号 pp.97~103 0167-2738 1989年

Hydrogen was taken up by β-ZrNCl by heat-treatment with NH4Cl in sealed silica tube at temperatures ranging from 500 to 800°C. The maximuum amount of uptake (x) was 1.2- for HxZrNcl. Similar hydrogenation could be done by heating β-ZrNCl in a stream of flowing hydrogen at temperatures ranging from 400 to 800°C. The layered structure of β-ZrNCl is retained on hydrogenation with a very slight decrease in the c dimension of the unit cell. Unlike lithium intercalatd β-ZrNCl, HxZrNCl is stable even in air, and the electrical and optical properties are essentially unchanged before and after the hydrogenation. The hydrogen taken up is removed by electrochemical oxidation. However, the process is irreversible and re-hydrogenation has not been achieved electrochemically. ? 1989. M. Ohashi, H. Nakano, S. Yamanaka, M. Hattori

Novel Synthesis of the Layer Struc-tured b-ZrNCl by the Direct Reactions of Zirconium Metal or Zirconium Hydride with Ammonium Chliride (査読付) J. Solid State Chem. 第75卷 pp. 99-104 J. Solid State Chem. 第75卷 pp. 99-104 75巻 1号 pp.99~104 0022-4596 1988年 07月

大橋 正夫

Chemical vapor transport of layer structured crystal β-ZrNCl (査読付) Journal of Solid State Chemistry Journal of Solid State Chemistry 77巻 2号 pp.342~347 1095-726X 1988年

A layer structured compound β-ZrNCl is transported to a higher temperature zone with the aid of ammonium chloride as the transporting agent in the temperature range of 823-1173 K. The transport mechanism can be explained by the formation of a volatile compound (NH4)2ZrCl6: β-ZrNCl+5NH4Cl→(NH4)2ZrCl6+4NH3. The measurements of the vapor pressure and the mass spectrum revealed that (NH4)2ZrCl6 decomposed congruently according to the equation: (NH4)2ZrCl6(s)→ZrCl4(g)+2NH3(g)+2HCl(g). The enthalpy change for the decomposition was determined to be 533 kJ/mol. By combining the above two equations, a simplified transport equation is derived: β-ZrNCl(s)+3HCl(g)?ZrCl4(g+NH3(g). ? 1988. M. Ohashi, S. Yamanaka, M. Hattori

プラズマCVD法によるb-ZrClN薄膜の合成 (査読付) 日本化学会誌 第1987卷 pp. 1924-1927 日本化学会誌 第1987卷 pp. 1924-1927 1987年 11月

大橋 正夫

Preparation and Properties of Ammo-nium Hexachlorozir-conate(IV) and Its Reaction with Gase-ous Ammonia (査読付) Bull. Chem. Soc.Jpn. 第60卷 pp. 2387-2390 Bull. Chem. Soc.Jpn. 第60卷 pp. 2387-2390 60巻 7号 pp.2387~2390 0009-2673 1987年 07月

大橋 正夫

プラズマCVD法によるβ-ZrClN薄膜の合成(共著) 日本化学会誌 日本化学会誌 1987,1924-1927巻 1987年

Synthesis of b-ZrClN by Thermal De- composition of Zir-conium(IV) Amide Trichloride (査読付) Bull. Chem. Soc. Jpn. 第59卷 pp. 2627-2628 Bull. Chem. Soc. Jpn. 第59卷 pp. 2627-2628 59巻 8号 pp.2627~2628 0009-2673 1986年 08月

大橋 正夫

Cation Distribution and Valency State of Cobalt Ionin LixCo3-xO4 Synthesized by High Oxygen Pressure (査読付) Ad. Ceramics, 4thInternational Conference on Ferrites, Part I第15卷 pp. 135-139 Ad. Ceramics, 4thInternational Conference on Ferrites, Part I第15卷 pp. 135-139 1986年 07月

大橋 正夫

Cation Distribution and Valency State of Cobalt Ion in Lix Co3-x O4 Synthesized by High Oxygen Pressure(共著) Ad. Ceramics, 15, 4th International Conference on Ferrites, Part I Ad. Ceramics, 15, 4th International Conference on Ferrites, Part I 135-139巻 1986年

Lithium Inter- calation in Layer Structured Compoun b-ZrNCl (査読付) J. Inclusion Phenomena第2卷 pp. 289-295 J. Inclusion Phenomena第2卷 pp. 289-295 1984年 08月

大橋 正夫

Lithium Inter- calation and Elec- trochromism In b- ZrNCl Layered Crys-tal (査読付) Chem. Letters 第1984卷 pp. 1403-1406 Chem. Letters 第1984卷 pp. 1403-1406 1984年 07月

大橋 正夫

Lithium Intercalation in Layer Structured Compound β-ZrNCl (共著) Journal of Inclusion Phenomena Journal of Inclusion Phenomena 2巻 1-2号 pp.289~295 0167-7861 1984年 03月

High Oxygen Pressure Synthesis and Magnetic and Electrical Properties of LixM1-XCo2O4(M = Co, Zn) (査読付) Funtai Oyobi Fummatsu Yakin/Journal of the Japan Society of Powder and Powder Metallurgy Funtai Oyobi Fummatsu Yakin/Journal of the Japan Society of Powder and Powder Metallurgy 31巻 2号 pp.60~66 0532- 1984年

The cubic spinel type oxides, LixM1-xCo2O4 (M = Co, Zn), were synthesized under high oxygen pressures. From the result of crystallographic and magnetic properties, the cation distributions of the present systems were determined to be (Li+x Co2+1-x) [Co1+2-xCo4+x]O4 (0≦x≦0.4) and (Li+0.22Zn2+0.66Co2+0.12) [Go11.78Co4+0.22]O4. Electrical resistivity data indicate that the electron transport in these systems occurs owing to a hopping mechanism between Co+1 and Co4+ ions located at octahedral site. ? 1984, Japan Society of Powder and Powder Metallurgy. All rights reserved. Masao Ohashi, Masahiko Shimada, Mitsue Koizumi

Lithium Intercalation and Electrochromism in β-ZrNCl Layered Crystal(共著) Chemistry Letters Chemistry Letters 1984,1403-1406巻 8号 pp.1403~1406 0366-7022 1984年

YAMANAKA S, OHASHI M, SUMIHARA M, HATTORI M

スピネル型 LixM1xCo2O4(M=Co, Zn)の合成とその性質 大阪大学 大阪大学 1981年 03月

大橋 正夫

その他
Preparation and Ion Exchange of Layer Structured Tantalate Rb4Ta6O17・3H2O 日本化学会第96春季年会講演予稿集CD-ROM 日本化学会第96春季年会講演予稿集CD-ROM 2016年 03月

大橋 正夫

Preparation of Layer Structured Crystal Rb1-xTi1-xNb1+xO5(0?x?0.20) and Hydrogen Ion Exchange Products 日本化学会第95春季年会講演予稿集CD-ROM 日本化学会第95春季年会講演予稿集CD-ROM 2015年 03月

大橋 正夫

層状結晶RbTiTaO5の合成とイオン交換 日本化学会第94春季年会講演予稿集CD-ROM 日本化学会第94春季年会講演予稿集CD-ROM 2014年 03月

大橋 正夫

層状モリブデン酸塩の合成とイオン交換 2013年日本化学会中国四国支部大会講演要旨集p. 117 2013年日本化学会中国四国支部大会講演要旨集p. 117 2013年 11月

大橋 正夫

層状モリブデン酸 塩Cs2Mo7O22の合成と イオン交換生成物 日本化学会第93春季年会講演予稿集CD-ROM 日本化学会第93春季年会講演予稿集CD-ROM 2013年 03月

大橋 正夫

層状モリブデン酸塩の合成とイオン交換 日本化学会第92春季年会講演予稿集CD-ROM 日本化学会第92春季年会講演予稿集CD-ROM 2012年 03月

大橋 正夫

層状結晶 Cs2Ti5O11・(1+x)H2Oの合成とイオン交換 日本化学会第91春季年会講演予稿集CD-ROM 日本化学会第91春季年会講演予稿集CD-ROM 2011年 03月

大橋 正夫

層状結晶 Rb3Ti5NbO14の合成とイオン交換 日本化学会第90春季年会講演予稿集CD-ROM 日本化学会第90春季年会講演予稿集CD-ROM 2010年 03月

大橋 正夫

層状ニオブ酸塩 Cs4Nb6O17・3H2Oのイオン交換とリチウム二次電池正極材料への応用 第29回エレクトロセラミックス研究討論会 第29回エレクトロセラミックス研究討論会 2009年 10月

大橋 正夫

層状ニオブ酸塩Cs4Nb6O17 ・3H2Oのイオン交換と電池正極材料への応用 日本化学会第89春季年会講演予稿集CD-ROM 日本化学会第89春季年会講演予稿集CD-ROM 2009年 03月

大橋 正夫

Ion Exchange of Layer Structured Crystal CsTiNbO5 and Its Application as Cathode Material in aRechargeable Lithium Battery The 6th Asian Meeting on Electroceramics ABSTRACT BOOK p. 103 The 6th Asian Meeting on Electroceramics ABSTRACT BOOK p. 103 2008年 10月

大橋 正夫

層状結晶CsTiNbO5 のイオン交換とリチウム二次電池正極材料への応用 日本セラミックス協会第21回秋季シンポジウム講演予稿集 p. 172 日本セラミックス協会第21回秋季シンポジウム講演予稿集 p. 172 2008年 09月

大橋 正夫

層状結晶CsTi2NbO7 のイオン交換と電池正 極材料への応用 日本セラミックス協会2008年年会講演予稿集 p. 206 日本セラミックス協会2008年年会講演予稿集 p. 206 2008年 03月

大橋 正夫

層状結晶 KxTi2-xFexO4(x = 0.80)のイオン交換とリチウム二次電池電極材料への応用 エレクトロセラミックス研究討論会講演要旨集 p. 87 エレクトロセラミックス研究討論会講演要旨集 p. 87 2007年 10月

大橋 正夫

層状結晶CsTiNbO5 の合成と電池正極材料への応用 日本化学会第87春季年会講演予稿集CD-ROM 2PC-123 日本化学会第87春季年会講演予稿集CD-ROM 2PC-123 2007年 03月

大橋 正夫

層状チタン酸塩 KxTi2-xFexO4(x = 0.80)のイオン交換とリチウム二次電池正極への応用 日本セラミックス協会第19回秋期シンポジウム講演予稿集 p. 362 日本セラミックス協会第19回秋期シンポジウム講演予稿集 p. 362 2006年 09月

大橋 正夫

層状チタン酸塩 KxTi2-xFexO4(x = 0.80)の合成とイオン交換 日本化学会第86春季年会講演予稿集CD-ROM 2PC-112 日本化学会第86春季年会講演予稿集CD-ROM 2PC-112 2006年 03月

大橋 正夫

レピドクロサイト型層状チタン酸塩のリチウム二次電池正極への応用 日本セラミックス協会第18回秋期シンポジウム講演予稿集 p.72 日本セラミックス協会第18回秋期シンポジウム講演予稿集 p.72 2005年 09月

大橋 正夫

レピドクロサイト型層状チタン酸塩の合成とリチウム二次電池正極への応用 日本化学会第85春季年会講演予稿集CD-ROM 1PC-121 日本化学会第85春季年会講演予稿集CD-ROM 1PC-121 2005年 03月

大橋 正夫

層状チタン酸塩 CsxTi2-x/2Mgx/2O4 (x=0.70)のイオン交換とリチウム二次電池正極への応用 2004年日本化学会西日本大会 p. 34 2004年日本化学会西日本大会 p. 34 2004年 10月

大橋 正夫

層状チタン酸塩Csx Ti2-x/2 Mgx/2 O4(x = 0.70)の合成とイオン交換 第17回日本セラミックス協会講演予稿集 p. 270 第17回日本セラミックス協会講演予稿集 p. 270 28号 pp.37~41 2004年 09月

大橋 正夫

層状チタン酸塩の合成とリチウム二次電池正極への応用 第6回化学電池材料研究ミーティング講演要旨集 p. 60 第6回化学電池材料研究ミーティング講演要旨集 p. 60 2004年 06月

大橋 正夫

状チタン酸塩 CsxTi2-x/2Znx/2O4(x = 0.70)の合成とイオン交換 日本化学会第84春季年会講演予稿集I p. 555 日本化学会第84春季年会講演予稿集I p. 555 2004年 03月

大橋 正夫

Preparation of Layer Structured Titanate CsxTi2xFexO4(x=0.70) and Application as Cathode Material in Rechargeable Lithium Battery 15th International Syposium on the reactivity of Solids 講演論文集 p. 36 15th International Syposium on the reactivity of Solids 講演論文集 p. 36 2003年 11月

大橋 正夫

Preparation and Ion Exchange of Layer Structured Cesium Chromium Titanate International Meeting of Pacific Rim Ceramic Societies 第5回大会 同学会講演論文集 p. 51 International Meeting of Pacific Rim Ceramic Societies 第5回大会 同学会講演論文集 p. 51 2003年 10月

大橋 正夫

状チタン酸塩 CsxTi2-xFexO4(x=0.70)の合成とイオン交換 日本化学会第83春季年会講演予稿集I p. 522 日本化学会第83春季年会講演予稿集I p. 522 2003年 03月

大橋 正夫

層状チタン酸塩 CsxTi2-xCrxO4(x=0.70)の合成と正極材料への応用 2002年日本化学会西日本大会 p. 345 2002年日本化学会西日本大会 p. 345 2002年 11月

大橋 正夫

層状チタン酸塩 CsxTi2-xCrxO4(x=0.70)の合成とイオン交換 日本化学会第81春季年会講演予稿集I p. 625 日本化学会第81春季年会講演予稿集I p. 625 2002年 03月

大橋 正夫

層状チタン酸塩 Cs0.70Ti1.65M0.35O4(M = Co, Ni, Cu)の合成とイオン交換 第40回セラミックス基礎科学討論会講演要旨集 pp. 560-561 第40回セラミックス基礎科学討論会講演要旨集 pp. 560-561 2002年 01月

大橋 正夫

層状結晶 CsxTi2-x/2Mx/2O4(M = Co, Ni, Cu)の合成とイオン交換 平成13年日本化学会中国四国支部・同九州支部合同大会講演要旨集 p. 372 平成13年日本化学会中国四国支部・同九州支部合同大会講演要旨集 p. 372 2001年 10月

大橋 正夫

層状結晶KxTi2-xMnxO4 (x=0.75)の合成とリチウム二次電池正極への応用 第21回電子材料研究討論会講演予稿集 p. 78 第21回電子材料研究討論会講演予稿集 p. 78 2001年 10月

大橋 正夫

Preparation and Ion Exchange of Layer Structured Titanate CsxTi2-xCrxO4 Rsearch Report of the Tokuyama College of Technology Rsearch Report of the Tokuyama College of Technology 25号 pp.31~35 2001年

Preparation of Layer Structured Crystal Csx Ti2-x MnxO4(x=0.70)and Application to Cathode for Rechargeable Lithium Battery Electroceramics in Japan Electroceramics in Japan 4巻 pp.119~122 2001年

Preparation of Layer Structured Crystal Csx Ti2-x MnxO4(x=0.70)and Application to Cathode for Rechargeable Lithium Battery Electroceramics in Japan Electroceramics in Japan 4巻 pp.119~122 2001年

Preparation and Ion Exchange of Layer Structured Titanates Csx Ti2-x/2 Mx/2 O4(M=Co,Ni,Cu) Research Reports of the Tokuyama College of Technology Research Reports of the Tokuyama College of Technology 24号 pp.37~41 2000年

Lithium Ion Exchange of Layer Structured Manganese TitanateCsxTi2-xMnxO4and Application of the Product to Cathode for Rechargeable Battery Research Reports of the Tokuyama College of Technology Research Reports of the Tokuyama College of Technology 23号 pp.61~65 1999年

Preparation and Application of Layer Structured Crystal KxMnxTi2-xO4 as Cathode for Lithium Rechargeable Batteries Research Reports of the Tokuyama College of Technology Research Reports of the Tokuyama College of Technology 22号 pp.61~66 1998年

Preparation and Lithium Interca- lation of Layer Structured Titanate CsxTi2-x/4O4(x=0.68) International Symposium on Intercalation Com-pounds 第9回大会 同学会講演論文集 p. P2-61 International Symposium on Intercalation Com-pounds 第9回大会 同学会講演論文集 p. P2-61 1997年 05月

大橋 正夫

Introduction of Ni2+ into Interlayer Space of Layer Structured Titanate CsxTi2-x/4O4(x=0.68) Research Reports of the Tokuyama College of Technology Research Reports of the Tokuyama College of Technology 21号 pp.87~92 1997年

Ion Exchange of Layer Structured Titanate Csx Ti2-x/4 O4(x=0.68) Research Reports of the Tokuyama College of Technology Research Reports of the Tokuyama College of Technology 20号 pp.7~12 1996年

Preparation and Lithium Intercalation of Layer Structured Titanate CsxTi2-x/4O4 (0.68≦x≦0.88) Research Reports of the Tokuyama College of Technology Research Reports of the Tokuyama College of Technology 19号 pp.41~45 1995年

Reactions and Resulting Phases of the LiCoO2-TiO2 System Research Reports of the Tokuyama College of Technology Research Reports of the Tokuyama College of Technology 18巻 pp.17~21 1994年

電極材料とコインターカレーション 電池技術 第3卷 pp. 9-15 電池技術 第3卷 pp. 9-15 1992年 08月

大橋 正夫

電極材料とコインターカレーション(共著) 電池技術 電池技術 3,9-15巻 1992年

1983-1994 Research Associate, Faculty of Engineering, Hiroshima University1994-1997 Associate Professor, Department of Computer Science and Electronie Engineering, Tokuyama College of Technology1997-2001 Associate Professor, General Education, Tokuyama College of Technology2001- Professor,General Education, Tokuyama College of Technology Masao Ohashi