櫻本  逸男

Sakuramoto  Itsuo
学科

機械電気工学科

職名

教授

学位

博士(工学)

校務

学科主任、ロボコン実行副委員長

クラブ顧問

テニス部

メールアドレス

sakuramo@tokuyama.ac.jp

電話番号

0834-29-6277

FAX番号

電話と同じ

専門分野

生体力学
機械力学

研究テーマ

生体軟組織の機械的性質に関する研究
人工関節の機能高度化に関する研究
各種医療用機器の開発

教育ポリシー
教育活動の考え方

現在、電子回路、電気回路、機械力学、生体力学、創造製作などの科目を担当している。メカトロニクスの基本となる科目が多いが、記憶ではなく、できるだけ原理の理解をし、学生が理解したときの喜びを楽しむことができるような教育をしたいと考えている。

授業への取り組み

電気も機械も物理的な現象を取り扱うが、それを表現するための道具としての数学の知識も不可欠である。それらの物理現象を感覚的にイメージしながら数式と結びつけて考える習慣を養うことができるような授業をしたいと考えている。

研究ポリシー

研究分野は生体力学やバイオメカニクスであり、大学の医学部や工学部とともに研究プロジェクトを構成している。具体的には、CTスキャンなどで人間の脊椎や頭部の解析モデルを構築し、FEMなどの数値計算により事故や病気に対する力学的解析を行っている。そのためには生体組織の物性の調査が必要であるが、それらの試験に特化した自作の試験装置の開発・製作を行い、より解析に有用なデータの取得に努めている。ベースとなるメカトロニクス分野の知識を生かして生体組織の機械的性質の調査を行いつつ、解析結果を通して医学に貢献するとともに、人の役に立つような研究を行いたいと考えている。


授業科目
  • 創造製作Ⅰ(2年)
  • 電子回路Ⅰ(3年)
  • 電気回路Ⅱ(4年)
  • 機械力学Ⅰ(4年)
  • 機械力学Ⅱ(5年)
  • 工学実験Ⅱ(4年)
  • 工学セミナー(4年)
  • 生体機械力学(専攻科2年)
  • 機械制御工学総合実験(専攻科1年)
  • コンピュータ制御(3年)
教育上の能力に関する事項
教育方法の実践例
該当なし
 
作成した教科書・教材
該当なし
 
学校の評価
 
実務経験 特記事項
該当なし
 
その他
該当なし
 
職務上の能力に関する事項
資格・免許
高等学校教諭一級普通免許(工業) 昭和60年3月27日

山口県教育委員会昭59高1普第103号

特許等
関節置換施術時に使用されるテンサー 特許第4522343号 平成22年6月

(全体概要) 人工膝関節置換手術において、置換した人工膝関節による靱帯バランスを定量的に検出することにより、人工膝関節の諸元を最適なものに設定できるようにする。 (担当部分概要) 靭帯バランスを定量的に検出する部分のアイディアを考案した。 (発明者:櫻本逸男、鈴木昌彦、藤原邦彦)

実務経験 特記事項
該当なし
 
その他
該当なし
 
著作、学術論文等
著作
Viscoelastic Viscoplastic Characteristics of UHMW-PE Proceedings of the 11th International Conference on Experimental Mechanics(共著) 1998年

Viscoelastic Viscoplastic Characterization of Ultra-High Molecular Weight Polyethylene 1997年

学術論文
Age?related changes of the spinal cord: A biomechanical study (査読付) EXPERIMENTAL AND THERAPEUTIC MEDICINE EXPERIMENTAL AND THERAPEUTIC MEDICINE 15巻 3号 pp.2824~2829 1792-0981 2018年 03月

T.OKAZAKI, T. KANCHIKU, N. NISHIDA, K ICHIHARA, I.SAKURAMOTO

脊髄の老化が頚髄症の発症に関与している (査読付) Spinal Surgery Spinal Surgery 28巻 3号 pp.296~299 2014年 12月

市原和彦, 櫻本逸男, 大木順司, 福本哲己, 中村渠大悟

有限要素法を用いた頚髄円錐症候群のバイオメカニクス (査読付) Spinal Surgery Spinal Surgery 28巻 2号 pp.187~190 2014年 08月

市原和彦, 大木順司, 田原正太, 中村渠大悟, 櫻本逸男

圧迫性頚髄障害の発症メカニズム解明 : 悪化因子の検討 (査読付) Spinal surgery Spinal surgery 26巻 1号 pp.101~104 0914-6024 2012年 04月

市原 和彦, 大木 順司, 森田 英隆, 宮崎 誠也, 櫻本 逸男

頚髄症の自然経過と中心性頚髄損傷の発症メカニズムの解明 (査読付) Spinal Surgery Spinal Surgery 26巻 1号 pp.98~100 0914-6024 2012年 04月

市原和彦, 大木順司, 森田英隆, 宮崎誠也, 櫻本逸男

脊髄の生体力学 (査読付) 脊椎脊髄ジャーナル 脊椎脊髄ジャーナル 24巻 12号 pp.1101~1107 2011年 11月

市原和彦, 大木順司, 陳献, 櫻本逸男

脊髄のバイオメカニクス-中心性脊髄損傷の病態生理 (査読付) 脊椎脊髄 脊椎脊髄 21巻 5号 pp.575~582 2008年 05月

市原和彦, 田口敏彦, 河野俊一, 桜本逸男

中心性脊髄損傷の病態生理 脊髄のバイオメカニクス (査読付) 脊椎脊髄ジャーナル 脊椎脊髄ジャーナル 21巻 5号 pp.575~582 2008年

市原和彦, 田口敏彦, 河野俊一, 桜本逸男, 岩本正実, 金原秀行

Mechanism of the spinal cord injury and the cervical spondylotic myelopathy: new approach based on the mechanical features of the spinal cord white and gray matter (査読付) AMER ASSOC NEUROLOGICAL SURGEONS JOURNAL OF NEUROSURGERY JOURNAL OF NEUROSURGERY 99巻 3号 pp.278~285 0022-3085 2003年 10月

Object. The authors have previously investigated the mechanical properties of the white and gay matter in the bovine cervical spinal cord, demonstrating that the gray matter is more rigid, although more fragile, than the white matter. In the present study they conducted additional tensile tests on the bovine cervical spinal cord by changing strain levels and strain rates applied to the white and gray matter. Methods. Based on their testing, the authors found the following: 1) Stress within the spinal cord relaxes over time. 2) Intracord stress is related to the strain rates or levels. The finite element method was used to compute the stress distribution within the spinal cord under three compressive loading conditions. Results from the computations showed a different stress distribution in the white and gray matter, where the distribution of stress varied with strain rate, compression volume, and the position of compression. Conclusions. These differences in mechanical properties between the white and gray matter constitute different mechanisms contributing to the development of tissue damage and clinical symptoms. K Ichihara, T Taguchi, Sakuramoto, I, S Kawano, S Kawai

直接圧縮成形の成形条件がUHMWPE材料の酸化劣化に及ぼす影響 (査読付) 日本バイオマテリアル学会 バイオマテリアル : 生体材料 : Journal of Japanese Society for Biomaterials バイオマテリアル : 生体材料 : Journal of Japanese Society for Biomaterials 21巻 4号 pp.311~318 1347-7080 2003年 07月 15日

森 亜希子, 桜本 逸男, 渡辺 英一郎, 永田 員也, 尾坂 明義, 藏本 孝一

Effects of calcium stearate addition of ultrahigh molecular weight polyethylene in direct compression molding (査読付) JOHN WILEY & SONS INC JOURNAL OF APPLIED POLYMER SCIENCE JOURNAL OF APPLIED POLYMER SCIENCE 87巻 10号 pp.1602~1609 0021-8995 2003年 03月

The effects of calcium stearate addition in molding of ultrahigh molecular weight polyethylene (UHMWPE) were investigated by tensile testing, scanning electron microscope (SEM), Fourier transform infrared (FTIR) spectroscopy, and elemental analysis. Four types of UHMWPE specimens with varying contents of calcium stearate (<5,50, 100, and 1000 ppm) were used in this study. SEM observation revealed that calcium stearate added specimens have smoother and more homogeneous microstructures. After accelerated aging, subsurface oxidative degeneration was observed in all specimens; however, calcium stearate added specimens had less oxidative degeneration in comparison with specimens without additives. Specimens showed better mechanical properties with increasing content of calcium stearate. Though all specimens aggravated their mechanical properties due to oxidation after accelerated aging, the specimens of 100 ppm of calcium stearate showed better properties at 3.7 MPa larger yield strength and four times larger value of elongation at fracture than the specimens without additives. These results indicate that calcium stearate addition produces dense packing of UHMWPE particles, which brings about stronger fusion among the particles and fewer structural defects, and results in better mechanical properties and better resistance to oxidative degeneration. (C) 2002 Wiley Periodicals, Inc. M Utsumi, K Nagata, M Suzuki, A Mori, Sakuramoto, I, Y Torigoe, T Kaneeda, H Moriya

人工関節用超高分子量ポリエチレンの機械的性質および材質改善に関する研究 (査読付) 山口大学 山口大学 2002年 05月

櫻本 逸男

人工関節用超高分子量ポリエチレンの添加物による耐酸化性向上効果 (査読付) 生体材料 生体材料 19巻 6号 pp.3~10 0910-304X 2001年 12月

桜本 逸男, 森 亜希子, 永田 員也, 冨田 直秀, 蔵本 孝一, 河野 俊一

Gray matter of the bovine cervical spinal cord is mechanically more rigid and fragile than the white matter (査読付) MARY ANN LIEBERT INC PUBL JOURNAL OF NEUROTRAUMA JOURNAL OF NEUROTRAUMA 18巻 3号 pp.361~367 0897-7151 2001年 03月

The gray matter of the cervical spinal cord has been thought to be equally or less rigid than the white matter. Based on this assumption, various studies have been conducted on the changes of stress distributions within the spinal cord under mechanical compression, although the mechanical properties of the white and gray matters had not been fully elucidated. The present study measured the mechanical properties of the white and gray matter of bovine spinal cords. For both the white and gray matter, the stress-strain curves had a nonlinear region, followed by a linear region, and then a region where the stresses plateaued before failure. In the nonlinear region, stress was not significantly different between the gray and white matter samples (strain similar to0-10 %), while stress and Young's modulus in the gray matter was significantly higher than the white matter in the linear part of the curve. The gray matter ruptured at lower strains than the white matter. These findings demonstrated the gray matter is more rigid and fragile than the white matter, and the conventional assumption (i.e., the white matter is more rigid than the gray matter) is not correct. We then applied our data to computer simulations using the finite element method, and confirmed that simulations agreed with actual magnetic resonance imaging findings of the spinal cord under compression. In future computer simulations, including finite element method using our data, changes in stress and strain within the cervical spinal cord under compression would be clarified in more detail, and our findings would also help to elucidate the area which can easily receive histologic damage or which could have hemodynamic disorders under mechanical compression, as well as severity and location of biochemical and molecular biological changes. K Ichihara, T Taguchi, Y Shimada, Sakuramoto, I, S Kawano, S Kawai

人工関節用 UHMWPE の機械的性質に及ぼす酸化劣化の影響 (査読付) 一般社団法人日本機械学会 日本機械学會論文集. A編 日本機械学會論文集. A編 67巻 662号 pp.1702~1709 0387-5008 2001年

Delamination and wear of Ultra high molecular weight polyethylene (UHMWPE) tibial insert are major problems in total knee arthroplasty. The potential major factor influencing them is a post irradiation oxidative degradation of UHMWPE. The differences of mechanical properties for UHMWPE specimens after irradiation and degradation have been investigated. GUR 1050 processed in air, GUR 1050 in vacuum, GUR 1150 in air, and GUR 1050 with 0.3 weight % Vitamin E in air were accelerated aged for 23 days at the temperature of 80℃ in air after gamma irradiation at the dose of 25kGy. Tensile tests were performed at the crosshead speed of (10)^3mm/min and 37℃. SEM observations were also performed and the results were evaluated. Results show that UHMWPE samples with additives, such as Calcium stearate and Vitamin E, have superior resistance against oxidation compared with the sample of GUR 1050 processed in air. Particularly, GUR 1050 with Vitamin E showed almost same mechanical properties as virgin (not irradiated) specimen. 桜本 逸男, 森 亜希子, 永田 員也, 富田 直秀, 蔵本 孝一, 河野 俊一

反復法による非線形粘弾性-粘塑性有限要素法の一提案 (査読付) 一般社団法人日本機械学会 日本機械学會論文集. A編 日本機械学會論文集. A編 66巻 651号 pp.1984~1989 0387-5008 2000年

In this paper, we propose an algorithm of FEM for stress analysis of the materials which have viscoelastic viscoplastic chatacteristics such as UHMW-PE. The constitutive equations for plasticity and viscoelasticity derived from the experimental results were used in the algorithm. The new displacement meter made from eddy current sensors, which was made to obtain more accurate test data at low strains, and the constitutive equations derived from the experimental results by the meter were shown. Finally, the comparisons of the numerical results and the experimental results of the load vs. displacement curves for the specimens with side groove were performed. The calculated values were in good agreement with the experimental results. It was confirmed that the algorithm of FEM and the constitutive equations proposed by the authors were valid for stress analysis of nonlinear viscoelastic viscoplastic problems. 桜本 逸男, 土田 豊実, 蔵本 孝一, 河野 俊一

超高分子量ポリエチレンの機械的性質と構成式 (査読付) 一般社団法人日本機械学会 日本機械学會論文集. A編 日本機械学會論文集. A編 65巻 629号 pp.80~86 0387-5008 1999年 01月

UHMW-PE has been used as a bearing material in the artificial knee joint. Stress analysis, using FEM, is generally performed to clarify the cause of in vivo wear and delamination. A test machine, of the displacement control type, was designed and built and equipped with a measuring system to obtain accurate test results and the constitutive equation of UHMW-PE. The maximum crosshead speed of the machine is 10^4 mm/min. Furthermore, it has the capability of determining stress relaxation and strain recovery behavior immediately after performing a tensile test. Interesting properties of UHMW-PE have been obtained using this machine. Also, the constitutive equations for plasticity and viscoelasticity were derived from the experimental results. The equations have strongly nonlinear properties in the mechanical model described in this work. Stress relaxation simulations based on the equation for viscoelasticity have been performed. From this, it was confirmed that the equation is valid. 桜本 逸男, 土田 豊実, 蔵本 孝一, 河野 俊一

脊髄の力学特性 (査読付) 臨床整形外科 臨床整形外科 34巻 4号 pp.549~551 1882-1286 1999年

市原和彦, 田口敏彦, 嶋田佳典, 桜本逸男, 河野俊一, 河合伸也

超高分子量ポリエチレンの機械的性質と構成式 (査読付) 日本機械学会論文集A編 日本機械学会論文集A編 65巻 629号 pp.80~86 0387-5008 1999年

桜本 逸男, 土田 豊実, 蔵本 孝一, 河野 俊一

ピラミッドアーキテクチャによる4分木データ構造表現の並列画像処理 (査読付) 山口大学工学部研究報告 山口大学工学部研究報告 43巻 2号 pp.95~103 1993年

マルチCPUによる多軸アーム制御の分散化 (査読付) 徳山工業高等専門学校研究紀要 徳山工業高等専門学校研究紀要 17巻 pp.1~5 1993年

2次元オルタネーティング機械の空間量の下限を与える一手法 (査読付) 電子情報通信学会 電子情報通信学会 J74-D-1巻 4号 1991年

3次元2値画像処理のための並列計算機 (査読付) 電子情報通信学会 電子情報通信学会 J74-D-I巻 9号 1991年

マイコン制御アームロボットの設計製作 (査読付) 徳山工業高等専門学校紀要 徳山工業高等専門学校紀要 15巻 1991年

ピラミッドコンピュータの図形処理への応用 (査読付) 山口大学 山口大学 1985年 03月

櫻本 逸男

その他
CT画像より構築した3D脊椎モデルの座位姿勢へのマッチング 第31回日本機械学会バイオエンジニアリング講演会 国内会議 2018年 12月

林尊史, 大木順司, 陳献, 西田周泰, 櫻本逸男, 泉山朋大

脊柱変形のバイオメカニクス 第45回日本臨床バイオメカニクス学会 国内会議 2018年 11月

西田周泰, 大木順司, 三原惇史, 中島大介, 山縣大樹, 櫻本逸男, 陳献

The Analysis of an Individual Difference using Human Skeletal Morphology in Automotive Seated Posture International Research Council on the Biomechanics of Injury 国際会議 2018年 09月

泉山朋大, 西田周泰, 岩永秀幸, 陳献, 大木順司, 森浩二, 櫻本逸男

有限要素法を用いた3次元腕神経叢モデルの有用性 第44回日本臨床バイオメカニクス学会抄録集 2017年 11月

三原惇史, 寒竹司, 西田周泰, 大木順司, 中島大介, 山縣大樹, 櫻本逸男

The Analysis of an Individual Difference using Human Skeletal Morphology in Automotive Seated Posture International Research Council on the Biomechanics of Injury 2017年 09月

泉山朋大, 西田周泰, 岩永秀幸, 陳献, 大木順司, 櫻本逸男

脊髄白質・灰白質の異方性を考慮した頚髄圧迫シミュレーション 第29回日本機械学会バイオエンジニアリング講演会論文集 2017年 01月

木下泰希, 大木順司, 西田周泰, 陳献, 櫻本逸男, 田口敏彦

腕神経叢のモデル化と腕神経叢損傷に関する数値シミュレーション 第29回日本機械学会バイオエンジニアリング講演会論文集 2017年 01月

田川陽基, 大木順司, 西田周泰, 陳献, 櫻本逸男, 田口敏彦

Investigation of the Mechanical Properties of Brain Tissues Innovative Application Research and Education 2016年 12月

Kosuke Takeshima, Itsuo Sakuramoto

脊髄と脊椎のバイオメカニクスの融合を目指して 第43回日本臨床バイオメカニクス学会抄録集 2016年 03月

西田周泰, 大木順司, 伊藤早紀, 中島大介, 櫻本逸男

脳と脊髄の材料特性の異方性 第54期日本機械学会中国四国支部講演会論文集No.165-1(CD-ROM版)2ページ 2016年 03月

内田真平, 櫻本逸男, 大木順司, 陳献, 西田周泰

脳各部位の材料特性を考慮した脳三次元有限要素モデルの構築と頭部衝撃シミュレーション 第28回日本機械学会バイオエンジニアリング講演会論文集No.15-69(CD-ROM版)2ページ 2016年 01月

水津優, 大木順司, 櫻本逸男, 陳献, 西田周泰, 田口敏彦

脊椎後縦靭帯骨化症における脊髄圧迫有限要素法モデルを用いた解析 第42回日本臨床バイオメカニクス学会抄録集pp.82 2015年 11月

市原和彦, 櫻本逸男他

FEMシミュレーションによる脊髄円錐症候群発症メカニズムの解明 第27回日本機械学会バイオエンジニアリング講演会論文集pp.219-220 2015年 01月

市原和彦, 櫻本逸男他

脊髄の三次元有限要素モデルの構築と脊髄―神経根分岐部の応力解析 第27回日本機械学会バイオエンジニアリング講演会論文集pp.221-222 2015年 01月

市原和彦, 櫻本逸男他

頚髄髄節の灰白質と白質の形態が応力に及ぼす影響 第41回日本臨床バイオメカニクス学会抄録集pp.127 2014年 11月

市原和彦, 櫻本逸男他

高齢者頚髄症の発症には加齢で生じる脊髄力学特性変化が関与する 第41回日本臨床バイオメカニクス学会抄録集pp.132 2014年 11月

市原和彦, 櫻本逸男他

脊髄の老化が頚髄症の発症に関与している 第28回日本脊髄外科学会抄録集、pp.235 2014年 06月

市原和彦, 櫻本逸男他

The biomechanics of the conus medullaris syndrome 1st EUROSPINE Spring Speciality Meeting 2014 Prague、pp.71 2014年 05月

K.Ichihara, I.Sakuramoto

脊髄実質の機械的性質の調査 2013年度日本機械学会・技術と社会部門講演会講演論文集、 No.13-67 pp.97-98 2013年 11月

櫻本 逸男

脳組織の機械的性質の調査 2013年度日本機械学会・技術と社会部門講演会講演論文集、 No.13-67 pp.95-96 2013年 11月

櫻本 逸男

脳~頭頚移行部~脊髄のどこが硬く、どこが柔らかいか? 第28回日本脊髄外科学会抄録集、 pp.63 2013年 06月

櫻本 逸男

馬尾症候群と脊髄円錐症候群のFEMモデル解析 第28回日本脊髄外科学会抄録集、 pp.63 2013年 06月

櫻本 逸男

頚椎後縦靭帯骨化症の3D-FEMモデルを用いた骨化形状と髄内応力の関係 第39回日本臨床バイオメカニクス学会抄録集、 pp.83 2012年 11月

櫻本 逸男

高速下脊髄有限要素法解析に導入するための脊髄白質、灰白質の高速引張試験 第39回日本臨床バイオメカニクス学会抄録集、 pp.84 2012年 11月

櫻本 逸男

Mechanical properties of the white and gray matter in the spinal cord at high strain rates for computer simulation model of the spinal cord injury The 42rd Annual Meeting of the Society for Neuroscience,711.11/FFF41 2012年 10月

Itsuo SAKURAMOTO

脊髄有限要素法解析に導入するための脊髄白質、灰白質の高速引張試験 第27回日本整形外科学会基礎学術集会抄録集、 pp.S1285 2012年 10月

櫻本 逸男

ナノカーボン複合 UHMWPEの機械的性質 2012年度日本実験力学会年次講演会講演論文集、No.12 pp.172-174 2012年 07月

櫻本 逸男

Mechanical properties of the pia mater in the spinal cord at high strain rates for computer simulation model of the spinal cord injury Mechanical Properties of the White Matter, the Gray Matter and the Pia Matter 2011年 11月

Itsuo SAKURAMOTO

The finite element analysis for the onset mechanisms of spinal cord injury and cervical spondylotic myelopathy. The 41rd Annual Meeting of the Society for Neuroscience,622.15/YY77 2011年 11月

Itsuo SAKURAMOTO

圧迫性頸髄障害の発症メカニズム解明 第26回日本脊髄外科学会抄録集、 pp.172 2011年 06月

櫻本 逸男

脊髄圧迫形態慢性による脊髄障害の変化-有限要素解析を用いて 第37回日本臨床バイオメカニクス学会抄録集、 pp.170 2010年 11月

櫻本 逸男

脊髄根糸、くも膜の力学特性-脊髄有限要素解析導入に向けて 第37回日本臨床バイオメカニクス学会抄録集、 pp.172 2010年 11月

櫻本 逸男

脊髄質量を導入した急性脊髄圧迫有限要素解析 第39回日本脊椎脊髄病学会抄録集Ⅱ,Vol.1,No.4, pp.835. 2010年 04月

櫻本 逸男

入学時と前期末の2回のアンケート結果による平成21年度入学生の特徴と心情変化に関する調査 徳山工業高等専門学校研究紀要,第33号、ppp.1-10 徳山工業高等専門学校研究紀要,第33号、ppp.1-10 2009年 12月

櫻本 逸男

リン酸カルシウム骨ペースト注入用デバイスの開発―臨床応用に向けて 第36回日本臨床バイオメカニクス学会抄録集、 pp.195 2009年 10月

櫻本 逸男

新鮮豚脊髄神経根―くも膜―軟膜―硬膜結合部の引っ張り試験―鞭打ち傷害は外傷性低随圧症候群を起こしえるか?- 第36回日本臨床バイオメカニクス学会抄録集、 pp.195 2009年 10月

櫻本 逸男

脊髄質量を導入した脊髄圧迫の有限要素解析―脊髄圧迫速度による脊髄内応力波動の変化 第36回日本臨床バイオメカニクス学会抄録集、 pp.195 2009年 10月

櫻本 逸男

神経根くも膜結合部の力学特性 第26回日本脊髄外科学会抄録集, pp.156 2009年 05月

櫻本 逸男

人工膝関節における膝蓋大腿関節荷重計測システムの開発 日本機械学会中国四国支部総会・講演会講演論文集, pp.237-238 2009年 03月

櫻本 逸男

人工膝関節における膝蓋大腿関節荷重の計測 第39回日本人工関節学会抄録集, pp.337 2009年 02月

櫻本 逸男

有限要素法を用いた中心性頚髄損傷の発生機序の検討 第23回日本脊髄外科学会抄録集, pp.130 2008年 06月

櫻本 逸男

脊髄くも膜の力学特性とその役割 第34回日本臨床バイオメカニクス学会抄録集 2007年 12月

櫻本 逸男

脊髄バイオメカニクス:脊髄力学的特性を導入した有限要素法を用いてBrown-Sequard症候群のメカニズムを解明する 第34回日本臨床バイオメカニクス学会抄録集、 pp.213 2007年 12月

櫻本 逸男

脊髄圧迫の応力解析 日本機械学会年次大会講演論文集、Vol.5 pp.237-238 2007年 09月

櫻本 逸男

超高速引張試験下での脊髄軟膜力学特性―自動車事故による脊髄損傷メカニズム解明にむけて 日本整形外科学会雑誌 2007年 08月

櫻本 逸男

Pathiphysiology of acute traumatic central cord syndrome based on the mechanical features of the spinal cord. The Journal of the Japanese Spine Society 2007年 04月

櫻本 逸男

脊髄用高速引張試験機の開発 日本機械学会中国四国支部第45期総会講演論文集,No.075-1, pp.21-22 2007年 03月

櫻本 逸男

Mechanical Properties of the White Matter, the Gray Matter and the Pia Matter Transactions of the 53rd Annual Meeting of the Orthopaedic Research SocietyVol.32,pno.427 2007年 02月

Itsuo SAKURAMOTO

脊髄バイオメカニクス:脊髄力学特性を導入した有限要素解析を用いてBrown-Sequard 症候群のメカニズムを解明する 第34回日本臨床バイオメカニクス学会抄録集 2007年

新入生アンケートに見る平成18年度入学生の特徴および過去6年間の結果分析 徳山工業高等専門学校研究紀要,第30号、pp.1-12 徳山工業高等専門学校研究紀要,第30号、pp.1-12 2006年 12月

櫻本 逸男

解剖学的特徴に関連した脊髄軟膜の力学特性~軟膜の凹凸や神経貫通孔による影響 日本脊椎脊髄病学会雑誌 2006年 01月

櫻本 逸男

脊髄力学特性を考慮した中心性頚髄損傷の病態解明 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 2006年

市原 和彦, 金子 和生, 加藤 圭彦, 河野 俊一, 桜本 逸男, 田口 敏彦

脊髄白質、灰白質、軟膜の力学的特性を導入した脊髄圧迫有限要素解析―せん断応力解析と最大応力解析 日本臨床バイオメカニクス学会抄録集 2006年

脊髄軟膜の力学特性 日本整形外科学会雑誌 2006年

脊髄軟膜の力学特性―硬さ,脆さの違いと応力緩和現象 日本臨床バイオメカニクス学会抄録集 2006年

Gray matter of the bovine cervical spinal cord is mechanically more rigid and fragile than the white matter MARY ANN LIEBERT INC PUBL JOURNAL OF NEUROTRAUMA JOURNAL OF NEUROTRAUMA 18巻 3号 pp.361~367 0897-7151 2001年 03月

The gray matter of the cervical spinal cord has been thought to be equally or less rigid than the white matter. Based on this assumption, various studies have been conducted on the changes of stress distributions within the spinal cord under mechanical compression, although the mechanical properties of the white and gray matters had not been fully elucidated. The present study measured the mechanical properties of the white and gray matter of bovine spinal cords. For both the white and gray matter, the stress-strain curves had a nonlinear region, followed by a linear region, and then a region where the stresses plateaued before failure. In the nonlinear region, stress was not significantly different between the gray and white matter samples (strain similar to0-10 %), while stress and Young's modulus in the gray matter was significantly higher than the white matter in the linear part of the curve. The gray matter ruptured at lower strains than the white matter. These findings demonstrated the gray matter is more rigid and fragile than the white matter, and the conventional assumption (i.e., the white matter is more rigid than the gray matter) is not correct. We then applied our data to computer simulations using the finite element method, and confirmed that simulations agreed with actual magnetic resonance imaging findings of the spinal cord under compression. In future computer simulations, including finite element method using our data, changes in stress and strain within the cervical spinal cord under compression would be clarified in more detail, and our findings would also help to elucidate the area which can easily receive histologic damage or which could have hemodynamic disorders under mechanical compression, as well as severity and location of biochemical and molecular biological changes. K Ichihara, T Taguchi, Y Shimada, Sakuramoto, I, S Kawano, S Kawai

FEM Analysis for Viscoplastic Viscoelastic Problem pp.93~94 1999年

粘弾-粘塑性有限要素法の一提案 日本機械学会1999年度年次大会講演論文集((]G0002[)) 1999年

櫻本 逸男

Viscoelastic Viscoplastic Characteristics of UHMW-PE 11th International Conference on Experimental Mechanics/ Oxford/UK(2) 1998年 08月

Itsuo SAKURAMOTO

Simulation of Compression of the Cervical Spinal Code by Finite Element Method(共著) Orthopedics & Traumatology Orthopedics & Traumatology 47巻 1号 pp.28~30 1349-4333 1998年

Kazuhiko Ichihara, Toshihiko Taguchi, Hiroshi Mizogami, Kenji Yamamoto, Shinya Kawai, Toshikazu Kawano, Ituo Sakuramoto

牛脊髄白質,灰白質の力学特性 日本脊椎外科学会雑誌 1998年

櫻本 逸男

Improvement of UHMWPE for Artificial Knee Joint 1997年

2005年まで

人工関節の機能高度化に関する研究 1997年

2007年まで

TWO Topics Concerning Two-Dimensional Automata Operating in Paralles(共著) International Journal of Pattern Recognition and Artificial Intelligence International Journal of Pattern Recognition and Artificial Intelligence 6巻 2-3号 pp.211~225 1992年

共同研究

科研費
 頸髄症に対する手術法の評価手法確立のための頚椎構造強度解析装置の開発と頚椎の動作
   基盤研究(C)、2004~2005(2年間)
 事故による脊髄損傷メカニズム解明に向けての脊髄の高ひずみ速度試験
   基盤研究(C)、2009~2011(3年間)
共同研究
 人工関節用UHMWPEの機能高度化に関する研究
   ナカシマメディカル、2001~2008(8年間)
 人工膝関節用靭帯バランスセンサーに関する研究
   帝人ナカシマメディカル、2014~2015(2年間)
 人体障害解析モデルのための脳-脊髄組織の機械的性質に関する研究
   豊田中央研究所、2013~2015(3年間)
 自動車シートを用いた人体骨格アライメントの分析および骨格モデル化に関する研究
   マツダ株式会社、2016~2018(3年間)
受託研究
 界面制御CNT コンポジット材料を用いた高機能人工関節の開発
   長野県テクノ財団、2011~2013(3年間)
テクノアカデミア共同研究
 振動ふるいにおける樹脂ペレット振動シミュレーションプログラムの開発
   徳山内燃機株式会社、2001年
 樹脂用新型選別機の開発
   徳機株式会社、2002年
 
 
 

技術相談の内容

大学医学部や医療関係の企業と下記の共同研究を行っています。対象は医学や医療分野ですが、ベースは機械工学や電気電子工学ですので、関連分野に幅広く対応できます。
1)軟組織用試験装置の開発・実験(医学部、自動車メーカーとの共同研究)
 ひずみ速度依存性を有する生体材料に対し、高速の変位速度(~ 106mm/min)で機械的性質の調査を実施する引張試験装置を製作しました。この装置を使用し、脳、脊髄などの生体組織の機械的性質を計測します。
2)人工関節に関わる開発・実験(医学部、医療機器メーカーとの共同研究)
 各種人工関節に関わる開発や基礎実験をしています。高分子材料である関節インサートの開発改良のために、その機械的特性を計測するための試験システムを自作し、計測を行いました。また、人工関節置換手術において靭帯のバランスを調整することは重要ですが、手術中に連続的に関節荷重と重心位置を測定するための装置を設計製作しました。
3)各種医療用機器の開発(医学部との共同研究)
 脊髄損傷患者のリハビリテーションを補助するため、動力を備えた低コストのリハビリ装置の開発を行いました。患者の踏力をひずみゲージでセンスし、設定した目標踏力を超えると音で知らせることにより、効果的なトレーニングを行える構造となっています。また、臨床振動覚検査を客観的に行うため、タブレット端末iPad(iPhone)を用いた小型・軽量・低コストの振動覚検査システムの開発を行いました。
 上記の応用として、各種の計測システムの開発および実験が可能です。