浦上  美佐子

URAKAMI  Misako
学科

情報電子工学科

職名

教授

学位

博士(理学)

校務

校長補佐(専攻科長),研究推進室員

クラブ顧問

ハンドボール部,水泳部

メールアドレス

urakami@tokuyama.ac.jp

電話番号

0834-29-6307

FAX番号

0834-28-7605(総務課)

専門分野

情報工学

研究テーマ

⾃律的な安全安⼼情報共有システムの開発
MaaS連携に向けた定期船データの可視化への取り組み
AIS拡張利用を目指した海上公共交通の視覚化への取り組み


リサーチマップURL

https://researchmap.jp/read0184670


授業科目
  • コンピュータ工学(2年)
  • アルゴリズムとデータ構造(3年)
  • システムプログラミングⅠ(3年)
  • 創造演習(4年)
  • 創造制作(5年)
  • 電子情報通信システム実験(5年)
学会及び社会活動
平成 7年 4月 情報処理学会(現在に至る)
平成 7年 9月 電子情報通信学会(平成7年9月~平成21年3月,平成26年6月~現在に至る)
平成15年12月 日本航海学会(現在に至る)
平成20年 1月 日本工学教育会(平成20年1月~平成22年3月,令和3年4月~現在に至る)
平成20年10月 山口市井関川・今津川・南若川洪水ハザードマップ検討委員会委員(平成20年10月1日~平成21年2月15日)
平成21年 4月 情報処理学会 DPS研究会シニアメンバ(現在に至る)
平成21年 4月 山口県公共事業再評価委員会委員(平成21年4月1日~平成23年3月,平成25年4月~現在に至る)
平成21年 5月 山口市阿知須地区高潮ハザードマップ作成検討委員会委員(平成21年5月1日~平成21年8月31日)
平成21年 7月 周防大島町防災訓練の実施に係る準備委員会委員(平成21年度から毎年度,平成28年度まで)
平成21年12月 周防大島町ハザードマップ検討委員会委員(平成21年12月16日~平成22年3月31日)
平成24年 4月 専門家と連携した防災出前授業講師(サバイバルレッスン:自身災害の備え,地震・津波のメカニズム,自助・共助の方法などを学ぶ),山口県教育庁学校安全・体育課(平成24年度~平成28年度)
平成27年 7月 山口県防災会議国土強靭化地域計画専門部会委員(平成27年7月24日,11月18日,平成28年2月9日)
平成29年 6月 一般社団法人情報処理学会 論文誌ジャーナル/JIP編集委員会小委員会(ネットワークグループ)編集委員(平成29年6月1日~令和3年年5月31日まで)
平成30年 6月 IEEE学会(現在に至る)
令和 元年 7月 山口県防災会議国土強靭化地域計画専門部会委員(全3回)
教育上の能力に関する事項
教育方法の実践例
e-ラーニング WebClassでのエージェント技術を開発 平成21年1月

コンテンツ開発を行った

作成した教科書・教材
該当なし
 
実務経験 特記事項
該当なし
 
その他
平成20年度国立高等専門学校教員表彰 理事長奨励賞(再掲) 平成20年3月

高専における教育活動,学生生活指導,地域社会への貢献等において顕著な功績があったと認められる教員を称えることを目的とした賞を受賞した.

職務上の能力に関する事項
資格・免許
情報セキュリティマネジメント試験(経済産業省) (交付年月日:平成28年5月26日)

主にユーザ企業における情報管理担当者やセキュリティ業務担当者を対象としたもので,ITの安全な利活用を推進するための基本的知識・技能を有することを認定。

防災士(日本防災士機構認定) (交付年月日:平成27年3月25日防災士登録)

防災士とは自助・共助・協働を原則として,社会の様々な場で防災力を高める活動が期待され,それに必要な十分な意識と一定の知識・技能を修得したことを認定される.山口県教育庁学校安全・体育課の依頼により実施している「専門家と連携した防災出前授業」の講師として活動する上で,また防災関連研究に必要なため,取得.

第1級海上特殊無線技士 平成25年2月合格 (交付年月日: 平成25年3月7日)

船上保守をしないGMDSS対応の漁船の船舶局・商船が装備した国際VHF等の操作が可能である。国際通信のための通信操作も可能である。研究実験時のAIS操作を行うために、本免許が必要であるため取得。

第1級陸上特殊無線技士 平成22年7月合格 (交付年月日: 平成22年8月24日)

陸上移動系の無線局(警察無線・消防無線・鉄道無線・タクシー無線などの基地局、陸上移動局、携帯局)の技術操作、VSAT(衛星通信超小型地球局、HUB局)、陸上のレーダーの技術操作、多重無線設備を使用した固定局などの技術操作 が可能である。研究実験時に必要であるため取得。

特許等
無線LAN装置とミニFM送信機による災害時の情報伝達システム 平成18年4月11日出願 特許第4654442号

災害時に有線・携帯電話回線,インターネットなどが利用不能または困難になった場合に,避難所に音声情報を多チャンネル伝達するものである.情報を集約しているセンターから避難所まで,無線インターネット装置で災害に関する音声情報をデジタル伝送し,避難所内でアナログ音声に変換し,ミニFM送信機で避難所内の被災者に放送する.被災者はFMラジオのチャンネルを合わせて,必要な情報を選択して聞くことができる.(発明者:松野浩嗣,浦上美佐子,吉留文男)

実務経験 特記事項
該当なし
 
その他
該当なし
 
共同研究

https://www.tokuyama.ac.jp/chiikirenkei/kyoudou2020.pdf